【運用担当者必見】ウェディング業界のインスタグラムハッシュタグキャンペーン事例10選

Instagramやtwitterなどでハッシュタグを活用した「ハッシュタグキャンペーン」が積極的に行われています。
ハッシュタグキャンペーンを行うことで、ファンの掘り起こしや新たなファンの獲得などが期待できます。若い世代の情報収集はYahoo!やGoogleではなく、SNSをメインに使用しているというデータもあることから、SNS上にたくさんの情報を載せることは有益なのです。

Instagramで頻繁に行われているハッシュタグキャンペーンは成功すると、数千、数万の投稿を得ることができますが、失敗するとほとんど投稿されることはありません。
プレゼントを用意するなど費用をかけて実施するハッシュタグキャンペーンですから、失敗しないようにしっかりと先行事例を知っておく必要があります。

今回はウェディング業界に絞り、過去に行われているハッシュタグキャンペーンをご紹介していきます。

事例1:子どもと一緒の結婚式「#ファミリーウエディングフォトアワード」【マイナビウエディング】

子どもと一緒の結婚式「#ファミリーウエディングフォトアワード」【マイナビウエディング】
【マイナビウエディング】公式サイトより

最近ではパパママ婚という言葉も広がり初めて入るように、子どもと一緒に結婚式を挙げるケースは少なくありません。マイナビウエディングで実施したのは子どもと一緒の結婚式を応援する「ファミリーウエディングアワード」です。過去6回開催されているこのキャンペーン。ここでは2019年3月15日から7月2日まで開催されている6回目のキャンペーンをご紹介します。

同キャンペーンのテーマは、「お気に入りの写真とエピソード」。グランプリ・準グランプリに輝くとJTB旅行券などが進呈されます。

応募方法はInstagram、twitter、応募フォームの3つを用意。Instagramでの応募は、ハッシュタグ「#ファミリーウエディングフォトアワード」「#マイナビウエディング」「#[ 結婚式をした(する)会場名 ]」を投稿に記載するだけ。フォローする必要もないので、非常にシンプルな応募方法ですよね。
実際に「#ファミリーウエディングフォトアワード」は2019年5月末現在で2,000件前後の応募があります。

ハッシュタグキャンペーンは公式アカウントなどのフォローが条件になっている場合が多いですが、ウエディング業界の場合、一度結婚式を挙げると再び見ることは少なくなるので、フォローが条件になっていないのでしょう。その分、写真を見ていいな、と思ってくれる人が増えれば、マイナビ経由での来館を促せる、という戦略だと考えられます。

事例2:春の結婚式やリングの写真を「#アニスタグラム」で投稿【アニヴェルセル】

春の結婚式やリングの写真を「#アニスタグラム」で投稿【アニヴェルセル】
【アニヴェルセル】公式サイトより

プレゼントがあたるハッシュタグキャンペーンを毎月展開しているのがアニヴェルセルです。2019年5月のテーマは「アニヴェルセルで見つけた春や春婚の写真」「一生の宝物を選んだポイント(指輪)」「お気に入りの会場コーディネート」の3点です。

応募方法は公式アカウント(@annibersaire_official)をフォローし、テーマに合わせた写真をチョイス。「#テーマ」「#アニスタグラム」のハッシュタグをつけ、公式アカウントを写真にタグ付けするだけでOK。
「#アニスタグラム」には1万8,000件以上が投稿されているなど、花嫁にとって憧れの式場だけあり、多くの人が投稿していることがわかります。

式場がモデルを入れて撮る写真も魅力的ですが、式場を選ぶ花嫁は実際の式の様子を知りたいもの。しかし、すべての式で許可を取っていたら業務を圧迫しかねません。そこでInstagramキャンペーンを活用すると、式場のリアルな様子を見せることができます。非常に効果的な手法だと思いますので、試す価値ありです。

事例3:結婚式の写真を「#プリンスホテルのウエディング」で投稿【プリンスホテル】

結婚式の写真を「#プリンスホテルのウエディング」で投稿【プリンスホテル】
【プリンスホテル】公式サイトより

全国にホテルを構えるプリンスホテルもInstagramキャンペーンを実施。2017年4月1日から7月31日まで実施されたキャンペーンでは10組20名に全国のプリンスホテル宿泊券が進呈されるという豪華さから多くの応募が集まりました。

応募方法は簡単で、公式アカウント(@princehotel_wedding)をフォローし、結婚式の写真をハッシュタグ「#プリンスホテルのウエディング」をつけて投稿するだけ。ハッシュタグの少なさや手間の少なさはとても見習いたいポイントです。
「#プリンスホテルのウエディング」は519件の投稿が行われています。

レストランウエディング、ガーデンウエディング、リゾート婚など結婚式・披露宴の幅は年々広がり続けています。しかし、ホテルならではのウエディングもありますよね。ホテルウエディングが選択しになかった人に、ホテルウエディングを知ってもらうには、インスタグラムを積極的に活用し、プレ花嫁にアピールするのが良さそうですね。

事例4:心ときめくネイル写真を「#JTBウエディングネイル」で投稿【JTB】

心ときめくネイル写真を「#JTBウエディングネイル」で投稿【JTB】
【JTB】公式サイトより

JTBはさまざまな分野でSNSを活用したキャンペーンを実施しています。ウエディング分野でももちろん行っており、2017年1月16日から3月15日までインスタグラム投稿キャンペーンを実施していました。第4弾となったことのときのテーマは「フォトジェニックなネイル」。ウエディングネイルの投稿を促した内容となっています。

応募方法は公式アカウント(@JTB_HappyWedding)をフォローし、お気に入りの写真にハッシュタグ「#JTBウエディング_ネイル」をつけて投稿するだけ。抽選で3名に3万円分のJTB旅行券が当たる豪華な内容でした。
実際に「#JTBウエディング_ネイル」投稿されたのは2019年5月末現在で10件。かなりさみしい結果となりました。

原因として考えられるのはネイルと絞りすぎたことでしょう。ネイルだけの写真じゃなければならないのかな?と捉えられてしまい、応募が少なかったのだと考えられます。テーマを設定する際は、多くの人が悩むことなく応募できるものにする必要があるでしょう。

事例5:思い出の「#プロポーズ」を「#ちーむゼクシィ」で投稿【ゼクシィ】

思い出の「#プロポーズ」を「#ちーむゼクシィ」で投稿【ゼクシィ】
【ゼクシィ】公式サイトより

結婚情報誌ゼクシィもインスタグラムキャンペーンを行いました。2017年8月8日から8月28日まで実施されたキャンペーンで、プロポーズについて訪ねる内容となっています。

応募方法は公式アカウント(@zexyrecruit)をフォローし、ハッシュタグ「#ちーむゼクシィ」と「#プロポーズ」をつけて投稿するだけでOK。当選した人とはDMでやりとりし、商品発送の住所などを尋ねるそう。当選者にはJTB旅行券3万円分が3名に当たるなど豪華な内容となっていました。
いずれのハッシュタグも投稿数が多く、キャンペーンの投稿を調べることはできませんでしたが、ゼクシィの影響力を考えると多くの投稿があったのだろうと推測できます。

ハッシュタグキャンペーンを実施する際のハッシュタグは、可能な限りかぶらず、簡素なものをつけましょう。後々効果を探るときに、自らが企画したキャンペーンなのか、そうでないのかの区別がつけづらくなります。

事例6:結婚式の様子を「#ベルクラシック甲府」で投稿【ベルクラシック】

結婚式の様子を「#ベルクラシック甲府」で投稿【ベルクラシック】
【ベルクラシック甲府】公式サイトより

全国に式場を構えるベルクラシックの「ベルクラシック甲府」も2018年6月17日から8月31日までInstagramキャンペーンを実施していました。結婚式や披露宴の思い出を尋ねる内容となっています。

応募方法はここまでとほぼ同じで、公式アカウント(@the_bellclassic_kofu)をフォローし、結婚式に参加した際に新郎新婦と撮影した写真やベルクラシック甲府の料理写真などを投稿。その際にキャプションに「#ベルクラシック甲府」と「#withベルクラ新郎新婦」「#ベルクラ笑顔」「#ベルクラ甲府花嫁」のなかからひとつハッシュタグをつけて投稿するというものです。
実際に「#withベルクラ新郎新婦」には6件、「#ベルクラ笑顔」には40件、「#ベルクラ甲府花嫁」は0件となっており、トータル46件という結果でした。

少ない件数はターゲットをゲストに絞ったため。新郎新婦であれば、自分たちの結婚式を広めたい! と思うもの。しかし、ゲストに投稿を促してもなかなか広まらない、というのがこの結果からわかります。

事例7:フォトビー×marry新元号フォトキャンペーン【サッポロビール】

フォトビー×marry新元号フォトキャンペーン
【フォトビー×marry】公式サイトより

フォトビーとmarryは新元号「令和」を記念したフォトキャンペーンを実施。フォトビーはサッポロビールがオリジナルラベルを作るサービスを行っており、marryは名前の通り、結婚情報を取り扱うメディアです。2社がコラボし、結婚にちなんだキャンペーンを実施しました。

応募方法はmarry公式アカウント(@marryxoxo_wd)をフォローし、「#marryフォトビー令和キャンペーン」のハッシュタグをつけ、写真を投稿するというもの。marryから「いいね」されると応募完了となります。前撮りの写真や結婚式当日の写真、ハネムーンの写真、エンゲージメントフォトなど結婚式にまつわる写真ならなんでもOKと、幅広いのが特徴です。
ハッシュタグ「#marryフォトビー令和キャンペーン」には288件の投稿があり、多くの人が自分の結婚式や前撮りなどの様子を投稿しています。

オリジナルラベルのビールが当たるとあって、反応率は高め。また、自分の結婚式にまつわる写真ならなんでもOKという幅の広さから多くの投稿があったものと推測されます。サッポロビールとしてはサービスの認知度を高めたい、という狙いがあると考えられるので成功しているといえるでしょう。

事例8:愛の記念日「オレンジデイ」フォトコンテスト【デコルテ】

愛の記念日「オレンジデイ」フォトコンテスト【デコルテ】
【デコルテ】公式サイトより

デコルテウエディングフォトグループが4月14日の「オレンジデイ」にちなみ2017年4月1日から4月14日にハッシュタグキャンペーンを行いました。オレンジをテーマにした写真を募集するもので、デコルテのフォトグラファーが応募作のなかから3作品を選定し、オリジナルフォトアイテムを進呈する、というもの。

応募は公式アカウント(@decollte_weddingphoto)をフォローし、オレンジデイを彩る写真(フルーツ、夕日、花嫁衣装、ウエディング小物など)とハッシュタグ「#デコルテXXX_オレンジデイ」を投稿するだけ。
「#デコルテXXX_オレンジデイ」には477件もの応募がありました。開催期間がわずか2週間ということを考えればかなり多いですよね。

オレンジデイのようにテーマをオレンジに絞るのも場合によっては有効です。また、写真スタジオが主催していることから投稿される写真もおしゃれなものばかり。まさにインスタ映えするため、多くの投稿があったのだと考えられます。

事例9:思い出の1日「#ガーデンウェディング」フォトコンテスト【キャメロットヒルズ】

思い出の1日「#ガーデンウェディング」フォトコンテスト【キャメロットヒルズ】
【キャメロットヒルズ】公式サイトより

結婚式場ではInstagramキャンペーンの利用が活発化していきています。キャメロットヒルズで行われているハッシュタグキャンペーンはガーデンウエディングなどのエピソードを求めるもの。

応募方法はこれまでと同様に、公式アカウント(camelothills_official)をフォローし、ガーデンウエディングの写真を用意、公式ページからキャンペーン参加認証し、「#ガーデンウェディング」もしくは「#キャメロットヒルズ」のハッシュタグを入れて投稿するだけでOK。
いずれのハッシュタグもキャンペーン以外の投稿も出てくるため、正確な数はわかりません。
キャンペーンのベンチをしっかりとはかるためにも、キャンペーンだけのハッシュタグは用意した方が良さそうですね。

事例10:ガーデンウエディングの様子を「#オータニローズガーデン」で投稿【ホテルニューオータニ】

ガーデンウエディングの様子を「#オータニローズガーデン」で投稿【ホテルニューオータニ】
【ホテルニューオータニ】公式サイトより

ホテルニューオータニでもInstagramキャンペーンを2019年5月1日から6月16日まで実施。抽選で宿泊招待券などが進呈されます。テーマはホテルニューオータニのローズガーデン。ローズガーデンの写真を指定の手順で投稿するだけで、キャンペーンに参加することができます。

応募方法はほかと同様に公式アカウント(@hotelnewotanitokyo)をフォローし、ローズガーデンの写真とともにハッシュタグ「#オータニローズガーデン」、メンション「@hotelnewotanitokyo」を投稿するだけ。
こちらは結婚式を挙げていなくても撮影することができるので、ダレでも参加することができますよね。
「#オータニローズガーデン」は2019年5月末現在、149件が投稿されています。結婚式だけでなく、子どもとの散歩などの様子も投稿されているので、ローズガーデンに行くきっかけづくりを行っていると考えられるでしょう。

まとめ

キャンペーンはうまくいく例も、失敗する例もあります。ターゲットを絞りすぎたり、おしゃれな写真が撮れなかったりすると応募率は下がる傾向にあります。応募率が下がると必然的にフォロワーの増加も見込めません。だからこそ、しっかりとKPI、KGIを設定し、テーマ設定を行いましょう。


インスタ施策の完全マニュアル無料配布中

スナップレイスでは現在、100ページ以上のインスタグラム施策完全マニュアルを無料配布中です。ぜひこの機会に完全マニュアルをゲットしてみてはいかがでしょうか?

インスタ施策の完全マニュアル資料請求(無料)