インスタグラム広告の配信・運用代行

インスタグラム広告(SNS広告)は他の媒体と比較し、定量的に効果測定ができます。持続的に行っていくことで、イベント毎に1人当たり集客コストを徐々に精緻に予測することができるようになります。

インスタグラム広告のメリット

  • 地域、性別、年齢、興味・関心などで細かく分解し、最適なターゲットに絞って配信することが可能
  • 1人への配信当たり●円、1人の送客当たり●円と、配信結果は定量的に評価することができ、事前推計も可能
  • ターゲット毎に適したクリエイティブ(写真・文章)を用意し、広告クリエイティブの最適化が可能
  • 配信結果を分析することで、ターゲットに対して、どのような文言、画像が最も訴求しやすいかを把握可能


主要SNS毎の特徴

Facebook(フェイスブック)広告の検討

facebook facebook利用ユーザ

テキスト情報を中心に、写真・動画も投稿できるSNSで、主に実名SNSでプライベートからビジネスまで、現実世界と近いつながりが形成されています。近況報告や当たり障りのない投稿が好まれる傾向にあります。また、利用ユーザの属性は20代以上の男女問わず幅広く、様々な広告配信先として検討できます。

Instagram(インスタグラム)広告の検討

Instagram Instagram利用ユーザ

画像・動画を中心としたSNSで、主に実名SNSで女性中心だが最近では男性も増加しています。写真中心で、プロフィールページに並ぶ写真が自分を表すもので、そこに個人の趣味・趣向が表れやすい特徴があります。利用ユーザの属性は20代、30代の女性が多いものの、「インスタ映え」が流行語大賞になって以降は男性に加え、40代、50代のユーザも増加してきています。画像や動画で商品やサービスの魅力を訴求できる場合に効果を最大限に発揮できます。

Twitter(ツイッター)広告の検討

Twitter Instagram利用ユーザ

テキストを中心としたSNSで、主に匿名SNSです。現実世界とは異なるゆるい関係が形成されており、一人で複数のアカウントを持ち、「表立って言いにくいが共感されやすい内容」が好まれる傾向にあります。利用ユーザの属性は10代、20代の若年層が多く、ツイートを拡散するリツイートという機能があるため、悪評が大きく広がって炎上につながるリスクもあります。ネタ・笑い系のプロモーションが拡散されやすいため、そういった広告クリエイティブに親和性が高いメディアです。


SNS広告の配信設計について

SNS広告配信設計については、だれに、なにを、どのように、どのくらい、いつ、どこでSNS広告を配信するかを決定することです。下記の設計を精緻化することが広告パフォーマンスの最大化に寄与します。

ターゲット(だれに)

SNS広告ではターゲットをピンポイントで絞れる点が特徴です。ターゲットを明確にすることで、費用対効果を高めることができます。

認知対象(なにを)

最も認知(集客)したいものを設定します。

PRポイント(どのように)

ターゲットに対して、最も訴求力のある要素を設定します。

広告予算(どのくらい)

運用代行報酬や撮影費用を差し引いた金額が予算となります。

配信期間(いつ)

広告を配信する期間を設定します。

配信媒体(どこで)

Instagram/FacebookのSNS媒体、PCやスマホなどのデバイスを絞って配信することもできます。


インスタグラム広告(SNS広告)の費用対効果等のパフォーマンス評価

インスタグラム及びフェイスブック広告では、配信ターゲット毎に主に下記の指標で費用対効果のパフォーマンスを検証することができます。

インスタグラム広告パフォーマンスサンプル

リーチ人数

リーチ人数は広告を見た人の人数を示します。同じ1人が2回以上見た場合も人数であるため、リーチ人数は1となります。

PV数

PV数は広告が見られた回数を示します。同じ1人が2回以上見た場合は、その見た回数分だけカウントされます。

クリック数

クリック数は広告がクリックされ、あらかじめ設定した送客先のURLのウェブページが見られた回数となります。1人が複数回クリックした場合は、その回数分だけカウントされます。少しでも広告が気になったユーザは気軽にクリックすることでウェブページに集客できるため、チラシなどの他の媒体と比較しても大幅に安いことが特徴です。

成約数

成約数は送客先のURLのウェブページで目的とされるユーザのアクション(イベント予約、購入等)が行われた数をカウントします。成約数が計測不能な場合は、一定の成約率5~15%程度仮置きして見積もることも可能です。

消化予算

消化予算は運用代行手数料を除いたインスタグラム広告等に使われた広告実費(税別)を示します。

成約率(CVR = Conversion Rate)

成約率は送客したユーザうち、成約(イベント予約、購入等)に至ったユーザの比率を示します。送客先のウェブページの分かりやすさや訴求ポイントの明確化、イベント自体の魅力向上などによって成約率を改善することができます。

クリック率(CTR = Click Through Rate)

クリック率はPV数に対するクリック数の割合を示します。ターゲットと広告で訴求するサービスやイベント、商品などの魅力がマッチングすればするほどクリック率は高まります。業種やサービス・イベント、商品単価や種類によってクリック率はまちまちですが、無料イベントであれば2~3%程度、有料イベントであれば1~2%程度、ECサイトであれば0.3~0.8%程度が目安になります。

PV/リーチ(フリークエンシー)

フリークエンシーは1人が広告を平均して何回見たかを示す数値です。ターゲットのパイが少ない場合はフリークエンシーが高まりやすくなります。

成約単価(CPA = Cost Per acquisition / Cost Per Action)

成約単価は1成約に対して消化された広告予算実費の金額を示します。費用対効果を検証する場合、この成約単価が1成約当たりにかけられる費用を下回っているかを検証することで評価できます。

クリック単価(CPC = Cost Per Click)

クリック単価は1クリック当たり、すなわち1集客あたりにかかったコストを示します。クリック率の改善によってクリック単価は改善します。

PV単価(PV単価×1,000 = CPM = Cost Per Mille)

PV単価は1回広告を見てもらうためにかかったコストを示します。一般的にCPMと呼ばれるものはPV単価を1,000倍したもの、すなわち1,000回の広告表示に対する費用を示します。

リーチ単価

リーチ単価は1人に広告を見てもらうためにかかった費用を示します。チラシをまく場合は1チラシあたりに印刷代やポスティング費用がかかってくるため、インスタグラム広告やフェイスブック広告はこのリーチ単価が大幅に安いことが一つの特徴となっています。リーチ単価は、ターゲットに対する競合の広告出稿量の状況等によっても変動します。


SNS広告の無料見積もり・相談

企業名 (必須)

担当者名 (必須)

メールアドレス (必須)

ご検討媒体 (必須)
FacebookInstagramTwitterその他

広告アカウントの状況 (必須)

ご依頼内容の詳細 (必須)