【運用担当者必見】化粧品のインスタグラムハッシュタグキャンペーン事例10選

企業の販促において、「SNS」を活用する企業がどんどん増えています。特に化粧品などビジュアルが重視される商品では、画像メインでコミュニケーションを図る「インスタグラム」で販促を行うと大きな効果を得られます。

しかしノウハウがないままインスタグラムアカウントの運営を任され、どうやってインスタグラムアカウントを活用すればよいのか分からず、手探りの状態で運営を進めている方も多くいらっしゃいます。ただやみくもにインスタグラムのアカウント運営を行っても、非効率なだけです。そこでインスタグラムのハッシュタグキャンペーンを活用すれば、効率よくインスタグラムで大きな集客効果を上げられます。

今回は、化粧品のインスタグラムハッシュタグキャンペーンの事例を10個、活用のコツとともにご紹介。「自社化粧品のインスタグラムアカウントを効率よく運営するコツが知りたい」という方は、この記事を見ればそのヒントが得られますよ。

1.カネボウ化粧品

カネボウ化粧品のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

2004年に発足した「カネボウ化粧品」では、「DEWブライトニング美白投稿キャンペーン」を2019年4月1日~5月31日まで開催しています。

このキャンペーンではまず、カネボウ化粧品のブランドの1つである「DEW」の内、キャンペーン対象商品を購入します。そしてインスタグラム公式アカウント「@dew_official_jp」をフォローして、商品の写真に使用実感コメントと、「#ブライトニング美白」、「#ファンデするのがもったいない」、「#dewで楽しむ」の3つのハッシュタグを付けて投稿します。すると抽選で、DEWのクレンジングオイルなどがプレゼントされます。

事前の商品購入を条件にすることで、DEWシリーズの売り上げ拡大にもつながるのがポイント。また投稿に商品感想がつくので口コミと同じように商品感想を見たインスタグラムユーザーの、商品に対する信頼性向上にもつながります。

あなたの自社インスタグラムアカウントでも自社化粧品の事前購入を条件にインスタグラムキャンペーンを行えば、商品の売り上げ拡大にもつながります。また商品感想を投稿してもらうことで、自社の化粧品に対する信頼性も上がります。

2.資生堂

資生堂のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

数々のヒット商品を開発してきた「資生堂」。資生堂のwebサービスである「ワタシプラス」では、「キャンペーン #ワタシの旅コスメ」を2019年4月18日~5月19日まで開催しています。

このキャンペーンではまずワタシプラスのインスタグラム公式アカウント「@watashiplus」をフォロー。そして旅行に持参する資生堂の商品写真を撮影して、@watashiplusをタグ付けするかメンションを付けて、「#ワタシの旅コスメ」ハッシュタグも付けて投稿します。すると抽選でクレンジングシートなどが当たります。

「プラチナウィーク」と呼ばれている2019年の超大型連休に合わせたキャンペーンで、旅行に出発する前のユーザーを広く集客できるキャンペーンです。またキャンペーンページでは旅行の荷物を軽量化できる資生堂のアイテムを紹介して、ページを閲覧したユーザーの購買意欲向上も図られています。

あなたの自社インスタグラムアカウントでもゴールデンウィークなど、大型連休に合わせて化粧品のインスタグラムハッシュタグキャンペーンを行えば、通常より多くの集客が可能です。またインスタグラムで告知するだけでなく、ランディングページを使ってキャンペーンと自社化粧品の紹介をいっしょに行えば、キャンペーンに参加するユーザーの自社化粧品に対する購買意欲の上昇にもつなげられます。

3.エスティローダー(Estée Lauder)

エスティローダー(Estée Lauder)のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

アメリカに本拠を置く世界的化粧品メーカーである「エスティ ローダー(Estée Lauder)」。エスティローダーでは「エスティ ローダー公式Instagramプレゼントキャンペーン」を2019年2月21日~5月13日まで開催しています。

このキャンペーンはまずエスティ ローダーのインスタグラム公式アカウント 「@esteelauderjapan」をフォロー。そして「桜」をテーマに写真を撮影後、@esteelauderjapanをタグ付けして、キャプションに「#MicroEssence」のハッシュタグをつけて投稿します。すると抽選で「マイクロエッセンスローション フレッシュ」が当たります。

このキャンペーン、ぱっと見エスティローダーと関係ない桜の写真を投稿するキャンペーンのように思えますが、そうではありません。プレゼントされる新化粧品、マイクロエッセンスローション フレッシュには、八重桜の花びらから抽出したエキスなどを組み合わせた「サクラ ファーメント」が配合されています。つまり新化粧品のサクラに関係した成分にかけ合わせて、桜の写真を投稿してもらうというキャンペーンになっています。

エスティ ローダーでは日本の風物詩である桜を前面に押し出して、日本女性向けに開発されたマイクロエッセンスローション フレッシュのブランディングを図っています。そしてマイクロエッセンスローション フレッシュに関係ある桜の写真をキャンペーンで投稿してもらうことで、「この商品は桜からできていて、日本女性向けなのでぜひ購入して欲しい」というメッセージを集めた投稿から発信できます。

あなたの自社インスタグラムアカウントでも化粧品に入っている独自の成分があれば、インスタグラムハッシュタグキャンペーンと組み合わせると効果的かもしれません。例えばその成分と関係のある風景写真を投稿してもらうキャンペーンを行えば、「この商品はあれからできている」というイメージをビジュアルで強く押し出して販促につなげられます。

4.ラフラ(RAFRA)

ラフラ(RAFRA)のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

天然素材などを活用した化粧品を開発している「レノア・ジャパン株式会社」のブランド「ラフラ(RAFRA)」。ラフラでは主力商品である「パームオレンジ」のプレゼントキャンペーンを2019年4月8日~2019年5月6日まで開催しています。

最初にラフラインスタグラム公式アカウント「@rafra_official」をフォロー。次にキャンペーン画像をリポストして、@rafra_officialをタグ付けします。そして「#balmorange_present」のハッシュタグをキャプションに付けて投稿すると、抽選でパームオレンジがプレゼントされます。

ラフラのように、リポストやスクリーンショットを投稿するキャンペーンタイプが、インスタグラムハッシュタグキャンペーンでは多いです。ラフラの場合はパームオレンジ発売15周年を記念したキャンペーンということで、通常のキャンペーンより多くの参加者を見込めます。またパームオレンジの投稿が増えるので、パームオレンジ自体の販促にもつながります。

あなたの自社インスタグラムアカウントでも自社主力化粧品の発売5周年などの節目に主力商品のリポストで参加できるキャンペーンを行えば、多くの投稿を集めることができます。また自社主力化粧品の投稿を集めて、販促に利用できます。ただしリポストキャンペーンは対象の投稿の内容しか増やせず、幅広い自社化粧品の投稿を集めるには不向きなので注意しましょう。

5.ベキュアハニー(VECUA Honey)

ラフラ(RAFRA)のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

株式会社スタイリングライフ・ホールディングスのコスメブランド「ベキュアハニー(VECUA Honey)」。ベキュアハニーでは「恋するフォトキャンペーン~ハートに恋して~」を2019年2月1日~2月28日に開催しました。

このキャンペーンではまず「VECUA Honeyハートシリーズ」の対象商品を撮影。そしてベキュアハニーインスタグラム公式アカウント「@vecuahoney.official」をフォローして撮影した写真を「#vecuahoney」、「#ハート」2つのハッシュタグを付けて投稿します。すると抽選でベキュアハニーのハートシリーズコスメ4アイテムがプレゼントされました。

VECUA Honeyハートシリーズの対象商品撮影がキャンペーン参加の条件となるため、VECUA Honeyハートシリーズの売り上げ拡大にもつながります。またプレゼントをセット商品にすることで、プレゼント自体の魅力も上がっています。

あなたの自社インスタグラムアカウントでも自社化粧品シリーズの写真を投稿するキャンペーンを開催して、対象商品の売り上げ拡大を狙えます。またプレゼントに化粧品セットを用意すれば、多くのインスタグラムユーザーを集めることができます。

6.明色化粧品

明色化粧品のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

化粧品メーカーの老舗「株式会社桃谷順天館」のグループである「明色化粧品」。明色化粧品では、「#なちゅ肌キャンペーン」を2019年4月3日~5月6日まで開催しています。

このキャンペーンでは、まず明色化粧品インスタグラム公式アカウント「@meishoku_corporation」をフォロー。そしてキャンペーンページの2つの「なちゅ肌(イラストで描かれたきれいな素肌)」の内好きな方をスクリーンショットします。その後正方形にトリミングした画像を、「#なちゅ肌キャンペーン」、「#モイストラボRay」の2つのハッシュタグを付けて投稿すると抽選で「モイストラボRayカラーコントロール下地」が当たります。

画像をスクリーンショットして投稿するという、少し変わったインスタグラムハッシュタグキャンペーンです。スクリーンショットして送る2つの画像はプレゼントする新化粧品に関するもので、どちらが投稿数が多かったか調査すれば「2つの新化粧品の内、どちらが女性にニーズがあるのか」なども分析可能です。

あなたの自社インスタグラムアカウントでも新化粧品のバリエーションがいくつかある場合、明色化粧品のようなキャンペーンを行えば、新化粧品の内どのバリエーションが人気になりそうかなどを分析し、今後の販促に活かすことができます。

7.キャンメイク(CANMAKE)

明色化粧品のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

「株式会社井田コーポレーション」のコスメブランドである「キャンメイク(CANMAKE)」では、「キャンメイクパウダーチークスカラーおみくじキャンペーン」を2018年12月26日~2019年1月20日に開催しました。

このキャンペーンではまずキャンメイクインスタグラム公式アカウント「@canmaketokyo」をフォロー。次にキャンペーンページ上部の「おみくじ」ボタンから、カラーおみくじ動画のスクリーンショットを撮影します。そしてスクリーンショットをトリミングして「#CANMAKEパウダーチークスカラーおみくじ」のハッシュタグといっしょに投稿すれば、抽選で「キャンメイクパウダーチークス3色セット」とオリジナルミラーが当たりました。

おみくじを引いて結果を投稿するという「ゲーミフィケーション(ゲーム的要素を取り入れて、ユーザーの興味・関心を引く)」で、多くのインスタグラムユーザーの投稿を集めました。またプレゼント商品にオリジナルミラーがセットになることで、プレゼント商品自体の魅力も増しています。
あなたの自社インスタグラムアカウントでも、キャンペーンページにゲーム要素を取り入れて結果を投稿するキャンペーンを行えば、多くのインスタグラムユーザーの興味・関心を集められます。またオリジナル商品をプレゼントにすれば、プレミア感を出してキャンペーンに応募してくれるユーザーを増やせます。

8.アヴァンセ株式会社(AVANCE)

明色化粧品のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

目もとに特化したコスメブランド「アヴァンセ株式会社(AVANCE)」では、「avance_cosmeticsプレゼントキャンペーン」を2019年4月22日〜5月13日まで開催しています。

まずAVANCE*CHIPIEインスタグラム公式アカウント「@avance_cosmetics」をフォロー。次にキャンペーン対象投稿をリポストかスクリーンショットします。そして 「#avancecosmetics」のハッシュタグをつけて画像を投稿すると、抽選で「アヴァンセ マイルド洗顔パウダー」がプレゼントされます。ラフラと同じように、プレゼント商品の投稿が増えて、販促にもつながります。

このように同じ商品をリポストなどで投稿してもらうインスタグラムハッシュタグキャンペーンは、特定の商品の販促に強いです。あなたの自社インスタグラムアカウントでも売り出したい化粧品があれば、リポストなどで参加できるキャンペーンを活用しましょう。

9.ハリウッド化粧品

ハリウッド化粧品のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

ハリウッド株式会社の基幹ブランドである「ハリウッド化粧品」。ハリウッド化粧品では、自社化粧品の「AUSEウォッシングパウダー」のプレゼントキャンペーンを2019年4月23日〜5月19日開催しました。

このキャンペーンではまず、ハリウッド化粧品インスタグラム公式アカウント「@hollywood_cosmetics」をフォロー。キャンペーン投稿をスクリーンショットまたはリポストして、「#ハリウッド化粧品」のハッシュタグを付けて投稿します。すると抽選で、「AUSEウォッシングパウダー」がプレゼントされます。

特定の商品販促に特化したリポストキャンペーンで、AUSEウォッシングパウダーを強くプッシュできます。またハリウッド化粧品ではこういった化粧品プレゼントキャンペーンを定期的に行っており、それぞれのプレゼント化粧品の販促キャンペーン経由で行っています。

あなたの自社インスタグラムアカウントでも定期的にインスタグラムハッシュタグキャンペーンを行うことで、各プレゼント商品の販促を行うことができます。また継続的にキャンペーン関係の投稿が増え、それを販促に利用できるメリットも受けられます。

10.リンメル(RIMMEL)

リンメル(RIMMEL)のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

「HFCプレステージジャパン合同会社」が取り扱うコスメブランド「リンメル」は、「HELLOYELLOW はじめるリンメル Instagram投稿キャンペーン」を2019年3月25日(月)~4月30日に開催しました。

このキャンペーンではまずリンメルインスタグラム公式アカウント「@rimmellondon_jp」をフォロー。そして「イエローフォト(黄色いアイテムを撮影した写真)」を「#リンメル」、「#はじめるリンメル」、「#HELLOYELLOW」の3つのハッシュタグを付けて投稿します。すると抽選で「ラスティング フィニッシュ ティントリップ」の新色「レモンイエロー(009)」がプレゼントされました。

新化粧品に合わせたイエローをインスタグラムユーザーに投稿してもらうキャンペーンです。ですから新化粧品=鮮やかなイエローであるというブランディングをインスタグラムユーザーに行うことができました。

あなたのインスタグラムアカウントでも新商品の色にちなんだ投稿キャンペーンを行えば、新商品をカラーで色濃くインスタグラムユーザーにアピールして、販促につなげられます。

まとめ

今回は化粧品のインスタグラムハッシュタグキャンペーンの事例10個を、実際の活用のコツといっしょにご紹介してきました。

対象化粧品を投稿してもらうキャンペーンだけでなく、化粧品の成分やカラーに関係する投稿キャンペーンもありました。またおみくじなどのゲーム要素を取り入れたキャンペーンなど、インスタグラムではさまざまなハッシュタグキャンペーンを利用して集客が可能です。さらにインスタグラムハッシュタグキャンペーンを定期的に行うことで、自社に興味を持ってくれるインスタグラムユーザーを増やせるのもメリットです。

ぜひインスタグラムハッシュタグキャンペーンを活用して、自社化粧品の売り上げ拡大などにつなげてくださいね。


インスタ施策の完全マニュアル無料配布中

スナップレイスでは現在、100ページ以上のインスタグラム施策完全マニュアルを無料配布中です。ぜひこの機会に完全マニュアルをゲットしてみてはいかがでしょうか?

インスタ施策の完全マニュアル資料請求(無料)