WeChat(微信)の購読アカウントについて徹底解説

購読アカウント(訂閲号)

WeChatにはLINEと同様に公式アカウントが3種類あります。サービスアカウント、サブスクリプション(購読)アカウント、コーポレートアカウントで、それぞれ特徴があります。ユーザーへの配信を目的とする場合、サービスアカウントかサブスクリプション(購読)アカウントを選ぶことになります。

今回はWeChatの公式アカウントのなかでも、サブスクリプション(購読)アカウントについてご紹介します。

WeChatの公式アカウントについて

まずはWeChat公式アカウントについてしっかりと知っておきましょう。

WeChatの公式アカウントは著名人や企業・団体・組織がユーザーにむけて情報発信を行う目的で設けられています。前述の通り、公式アカウントはサービスアカウント、サブスクリプション(購読)アカウント、コーポレートアカウントの3種類。

それぞれ用途が異なっており、サービスアカウントは1ヶ月4回配信可能で企業や団体などの利用を想定しています。サブスクリプション(購読)アカウントはブログやWebメディアなどを運営している人用のアカウントで、1日1回配信可能。コーポレートアカウントは社内での連絡のやりとりなどに使用するクローズドなアカウントとなっています。

国際版WeChatと中国国内版Weixinとのちがい

WeChatは中国のテンセント社が運営しているメッセージアプリですが、中国国内で同社は「Weixin」というサービスを展開しています。実はWeChatはWeixinの国際版アプリなのです。
WeixinとWeChatの違いはステッカーショップやデフォルトのメニューなど。また、サーバーの所在地などが異なります。

それ以外の使い勝手に関してはほとんど変わりませんが、中国に住む中国人をターゲットにする場合、WeChatの公式アカウントでは意味がありません。Weixinの公式アカウントを取得する必要があります。しかし、Weixinの公式アカウント取得はかなり難易度が高いため、現地法人がある場合を除くと代理店などを通す必要があります。

 

WeChat購読アカウントとサービスアカウントとのちがい

広くファンに告知する場合はサービスアカウントかサブスクリプション(購読)アカウントを選択することになります。

それぞれ配信回数の違い以外にも、サービスアカウントは配信がチャット画面に表示され開封率が高く、多くのWeChatの機能を利用可能です。
一方でサブスクリプション(購読)アカウントは配信回数は多いですが、専用のサブスクリプションフォルダに配信される仕組みになっているため、開封率は低いという特徴があります。
企業から毎日新製品が出たり、毎日キャンペーンが始まったりというのはあまり考えにくいので、企業や団体などはサービスアカウントを選択することになります。

このほか、サービスアカウントは企業のみ。サブスクリプション(購読)アカウントは企業・個人のどちらでも開設することができます。

サービスアカウントでできること

  • 投稿はチャットと同列に表示
  • 投稿数は月4回
  • フォロワーとのメッセージのやりとり
  • メニューボタンに外部サイトへのリンクを設置可能
  • WeChat決済の利用(認証の取得必須)

サブスクリプション(購読)アカウントでできること

  • 投稿はチャット内の「サブスクリプションフォルダ」
  • 投稿数は毎日1回
  • フォロワーとのメッセージのやりとり
  • メニューボタンに外部サイトへのリンクを設置可能(認証の取得が必須)

両者を比べてみると、サービスアカウントの方がより企業向けに展開されていることがわかります。
特にECサイトなどを運営している場合、WeChat内で決済までを完結させられる、というのは大きな魅力でしょう。その際はWeChatPayを使うことになるので、認証(年300元)の取得は必須です。

サービスアカウント(服务号)とサブスクリプション(購読)アカウント(订阅号)の違い
出典:Members公式

WeChat公式アカウントの重要性

WeChatは今や中国人にとって欠かせない、生活の一部になっているツール。連絡のやりとりはWeChat(Weixin)で行いますし、街での買い物もWeChatPayで決済したりします。

WeChatで公式アカウントを開設することは、ユーザーにプロモーションを行いやすくなる、ということ。ファンに直接記事を配信したり、キャンペーンや新製品の情報をリリースしたりできます。さらにテンセントが用意する広告を活用すれば、よりターゲットを絞り込んで、目的を達成できるでしょう。

中国市場、世界市場を相手にするのなら、WeChatの公式アカウントはぜひ開設しておきたいですね。

WeChat公式アカウントで企業ができること

WeChatの公式アカウントではフォロワーに向けて、さまざまなアクションを起こすことができます。

企業情報の発信はもちろんですが、ユーザーへのPUSH通知(サービスアカウントのみ)も行えるので、投稿の開封率が上がるでしょう。さらにユーザーと1対1で直接コミュニケーションを取ることが出来るので、よりユーザーを取り込むこともできます。公式アカウントでもステッカー(LINEのスタンプと同様)を送ったり、画像を用いた投稿もできますし、企業のECサイトやキャンペーンページへのリンクも設置可能。さらにフォロワーの属性情報などを把握できるため、中国でのマーケティングに非常に役立ちます。

このようにアカウントひとつで、基本無料(認証を受ける場合、年300元)でこれほど多くのことができるというのがWeChatの利点。日本人のユーザーは非常に少ないので、日本人向けのプロモーションは弱いですが、中国を狙うなら必須のプロモーションツールだといえるでしょう。

WeChat公式アカウント開設手順

Weixin公式アカウント、WeChat公式アカウントの開設はいずれもWeb上での申請が可能。

WeChat(微信)の公式アカウント開設の仕方
公式アカウント開設ページ

公式アカウントの申請や認証には前もって「個別審査」「ホワイトリスト登録」が必要です。この2ステップを完了すると、公式アカウントの申請ができるようになります。認証の場合はさらに第三者機関による認証が必要となります。

現在、日本法人の場合は「サービスアカウント」のみの申請が可能です。公式アカウントの名称は一度定めたものは変更不可なので、名前に間違いが無いかなどしっかりと確認しましょう。

認証のプロセス

認証の手続きを行う際は、登記簿謄本に記載の情報や銀行口座の情報、運用担当者のパスポート番号、登記簿謄本の写真、運用担当者の直近3ヶ月分の携帯電話料金明細を揃える必要があります。さらにこれらの情報を入力したあと、送金すると認証を受けられます。
いずれもオンライン上ですべての手続きを行っていき、不備があった場合、基本的にはメールでやりとりします。

開設までの期間

開設までの期間はおおむね1ヶ月前後です。個別に審査を行うため、時間がかかるようですね。開設・認証完了したあとは公式アイコンやアカウントIDなどの設定を行っていきます。

いずれのフローもかなり手間や時間がかかるもの。代理店を通して一括で開通依頼をするのが手間もかからないのでオススメです。

 

まとめ:WeChatは中国でのマーケティングに活用できる

中国でマーケティングを行う際、WeChatは必要不可欠なツールです。中国版WeChatであるWeixinのアカウントを開設し、中国マーケットに向けて情報発信を行っていくことがこれから求められるでしょう。

WeChatを活用して、中国でも効率的なマーケティングを行っていきましょう。


SNS運用や写真素材の用意などでお困りの方へ

150万件超の投稿、500万超のフォロワー規模を持つスナップレイス・メディア会員の中から、適切なインスタグラマーを発掘し、企業様のインスタグラム運用代行、撮影代行、インスタ映え施策など様々なソリューションをご提供しています。



インスタ施策の完全マニュアル無料配布中

スナップレイスでは現在、100ページ以上のインスタグラム施策完全マニュアルを無料配布中です。ぜひこの機会に完全マニュアルをゲットしてみてはいかがでしょうか?

インスタ施策の完全マニュアル資料請求(無料)