【運用担当者必見】アパレルのインスタグラムハッシュタグキャンペーン事例10選

企業の集客にも使われるようになった「SNS」。その中でも「インスタグラム」は女性を中心に人気があり、女性が流行のファッションなどを探すときにも使われます。こういう背景から、インスタグラムはアパレルの集客を行うツールとして極めて有力です。

しかしただ漫然と投稿を行うだけでは競合企業の投稿に埋もれてしまい、販促の意味がなくなってしまいます。かといって具体的なインスタグラム集客のノウハウもないので、「インスタグラムの運用担当になったけど、アパレル業界の場合どう活用すればよいのか分からない・・・」と困っている方もいらっしゃると思います。

そこで今回は大手アパレル企業のインスタグラムハッシュタグキャンペーンの事例を10個ご紹介。キャンペーン内容とともに、あなたがそこからどうやって各企業のキャンペーンを参考にして活用できるかもご説明します。「アパレル企業のインスタグラム運用を成功させたい」という方は、そのコツが分かるのでぜひご覧ください。

1.ユニクロ(UNIQLO)

ユニクロ(UNIQLO)のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

「株式会社ユニクロ」が運営する、アパレル業界のトップブランド「ユニクロ(UNIQLO)」。ユニクロでは、「ULTRA〇〇DOWNを投稿しよう!」というキャンペーンを2018年10月22日~11月26日に開催しました。

このキャンペーンでは、ユニクロで発売されている「ウルトラライトダウン」を撮影し、使い方を考えます。そして使い方を「#ULTRA〇〇DOWN」の「〇〇」部分に入力しハッシュタグを作ります。そして写真に#ULTRA〇〇DOWN、「#ULDキャンペーン」の2つのハッシュタグを付けてインスタグラムに投稿すると抽選に旅行券3万円分などが当たりました。

ウルトラライトダウンの使い方をインスタグラムユーザーに投稿してもらう形式なのがポイントでした。インスタグラムユーザー視点でのウルトラライトダウンの有効な使い方をインスタグラムで共有することで、ウルトラライトダウンの新たな魅力を知ってもらい、販促へつなげることが可能。またウルトラライトダウンの写真撮影が前提となっているので、「キャンペーンがあるから、気になっていたし購入してみようかな」と、ウルトラライトダウンの購入のきっかけを作る動線にもなっていました。

例えばあなたがアパレルのインスタグラムアカウントの運営を行うときに、自社の商品のよいところなどをインスタグラムユーザーに商品写真といっしょに投稿してもらうキャンペーンを企画したとします。すると商品の魅力をビジュアルとともにインスタグラムユーザーに伝えられるだけでなく、キャンペーンをきっかけにした商品の購入にもつなげることができます。

2.ジーユー(GU)

ジーユー(GU)のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

「株式会社ジーユー」が運営する、若者向けのアパレルブランド「ジーユー(GU)」。ジーユーではジーユー好きのためのコミュニティ「ジーユーマニア(GU-MANIA)」を提供しています。そしてジーユーマニアと関連させて、ハッシュタグを活用した着こなし投稿キャンペーンを常時開催しています。

このキャンペーンではインスタグラムや「ツイッター」でジーユーを使ったコーデを「#GUMANIA」を付けて投稿。GUの目に留まった素敵な投稿は各GU公式アカウントでも取り上げられて、多くのインスタグラムユーザーに見てもらえるというものです。

コーデを楽しむおしゃれ好きの方には、「自分のコーデを多くの人に見てもらいたい!」という欲求がある方が多いです。GUの着こなし投稿キャンペーンは、この心理を上手くついたキャンペーンだといえます。そして#GUMANIAを付けたコーデ投稿は他のGUMANIAが見てくれるので、「こういう着こなし方もあるんだ」、「この服が気に入った。欲しい」など、GUMANIAという既存顧客への販促へもつながります。

あなたがアパレルのインスタグラムアカウントを運用するときに、商品の変わった着こなし方などを、アパレルのコミュニティを示すハッシュタグといっしょに投稿するキャンペーンを行うとします。すると特別なプレゼントがなくても自分のコーデを見てほしいインスタグラムユーザーの投稿を見込めますし、既存顧客へ他のインスタグラムユーザーの着こなし方を見てもらうことで販促も可能です。

3.B:MING by BEAMS

B:MING by BEAMSのインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

1976年に創業し、流行の最先端を行く「ビームス(BEAMS)」のブランドの1つ「B:MING by BEAMS」。B:MING by BEAMSでは、「ビーミング ライフストア by ビームス 阪急西宮ガーデンズ店(撮影可能期間 2019年2月6日〜3月9日)」、「ビーミング ライフストア by ビームス mozo ワンダーシティ店(撮影可能期間 2019年2月6日〜3月14日)」、「ビーミング ライフストア by ビームス 天神地下街店(撮影可能期間2019年3月23日〜4月11日)」のオープンを記念して、「B:MING LIFE STORE by BEAMS Instagram Campaign」を開催しました。

このキャンペーンではオープン準備中の店舗の壁面を撮影して、「#bmingbybeams」のハッシュタグとそれぞれの店舗の位置情報をつけて、インスタグラムに投稿します。そして投稿画面をスタッフに見せると、それぞれの店舗でのお会計時に15%OFFでお買い物ができました。

投稿によって抽選プレゼントが行われるのではなく、投稿画面提示により15%OFFでお買い物ができるというのがポイント。別途後日商品をプレゼントをするのではなくすぐに使える15%OFFという特典形式にしたことで、新規店舗の顧客獲得にも一役買いました。

アパレル業者が新規店舗を作った後は、どれだけ多くの顧客を呼び込んで、優良顧客へと引き上げていくかが重要です。その最初の段階である多くの顧客の呼び込みと、インスタグラムハッシュタグキャンペーンをうまく組み合わせたのがB:MING by BEAMSのキャンペーンです。

あなたが自社アパレルのインスタグラムアカウントを運営するときも、インスタグラムで自社アパレル店舗の投稿をしてくれた方にその場で10%OFFクーポンを配布するなど、うまく割引特典を活用することで「O2O(オンラインツールを使ってオフラインへの集客を促すマーケティング手法)」を成功させることができるでしょう。

4.アオキ(AOKI)

アオキ(AOKI)のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

「株式会社AOKI」が運営する、メンズ・レディス用のビジネススーツ販売などでおなじみの「アオキ」。AOKIでは、「フレッシャーズフェアCamCamプレゼントキャンペーン」を2019年2月18日~3月24日に開催しました。

このキャンペーンでは、月刊女性ファッション雑誌である「CamCam」とコラボ。アオキインスタグラム公式アカウント「@aoki_official2016」をフォローして、投稿内にあるCamCamの画像をリポスト、またはスクリーンショットで保存して画像投稿。投稿の際に「#コラボCamCam」、「#フレッシャーズ」、「#スーツ」の3つのハッシュタグを付けた上で、応募する商品と希望サイズを記載します。すると抽選でキャンペーンガールになっているCamCamのモデル2人とアオキのコラボアイテムがプレゼントされたりしました。

このキャンペーンではCamCamファンもインスタグラム経由でアオキのキャンペーンに参加してもらえるメリットがありました。これはコラボしたCamCamの方も同じで、アオキのファンをCamCamへ誘導することも可能です。このように、他社とのコラボにより販促効果を高めているのがアオキのインスタグラムハッシュタグキャンペーンの特徴でした。またCamCamで人気のあるモデルとのコラボアイテムを商品にすることで、モデルのファンを中心にキャンペーン関連の投稿を増やして販促に利用することも可能になっていました。

あなたが自社アパレルのインスタグラム運営を任されたときも、アオキのように他社とコラボしてインスタグラムハッシュタグキャンペーンを展開すればかなりの集客を見込める可能性があります。また場合によってはタレントや「インフルエンサー」など、ある程度知名度のあるユーザーとコラボした商品をプレゼントにして販促するのも面白いかもしれません。

5.ワールド(WORLD)

ワールド(WORLD)のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

1959年から営業と、歴史の長いアパレルメーカー「ワールド(WORLD)」。ワールドではレディースブランドである「リフレクト(Reflect)」をプレゼントするインスタグラムハッシュタグキャンペーンを2018年5月25日~6月8日に開催しました。

まずリフレクトのインスタグラム公式アカウント「@reflect_kobe_official」をフォロー。そしてキャンペーン対象投稿に「#ワンピースほしい」のハッシュタグを付けて、リポストかスクリーンショットを保存して写真投稿します。すると抽選で「リフレクト時短ワンピース」がプレゼントされました。

キャンペーン対象投稿はリフレクト時短ワンピースの画像となっているので、リポストやスクリーンショットでの写真投稿をしてもらうことでリフレクト時短ワンピースの販促にもなりました。また同内容の投稿が連続で行われるので、他のユーザーがキャンペーンに気付きやすく、投稿を見たユーザーが「今リフレクトワンピースのキャンペーンがあっているのか」と分かりやすいのが特徴でした。

あなたの自社アパレルインスタグラムアカウント運営のときも、自社アパレルの新商品投稿をリポストなどしてもらうキャンペーンを行えば、自社新アパレル商品の広い周知や購入につなげられます。また同じ投稿が並ぶことにより、インスタグラム経由での他ユーザーのキャンペーン参加も促せます。

6.アメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American eagle outfiters)

アメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American eagle outfiters)のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

日本でも店舗を展開している、アメリカ発のカジュアル系ファッションブランド「アメリカン・イーグル・アウトフィッターズ (American eagle outfiters)」。アメリカン・イーグル・アウトフィッターズでは、「#AExME セルフィーキャンペーン」を2019年3月15日から4月17日に開催しました。

このキャンペーンではアメリカン・イーグル・アウトフィッターズの公式インスタグラム、「フェイスブック」、ツイッターいずれかで応募可能。インスタグラムの場合は「@americaneaglejp」をフォロー&タグ付け後、アメリカン・イーグル・アウトフィッターズのアイテムを1点以上着用し、自撮りします。そして自撮りした写真を「#AExME」+「希望賞品のハッシュタグ」のハッシュタグといっしょに投稿すれば、抽選で旅行券10万円分などが当たりました。

アメリカン・イーグル・アウトフィッターズのターゲットユーザーが若者と、ちょうどインスタグラムの中心層と被っているため、大きな販促効果が望めるキャンペーンでした。また若者に人気のある自撮りをテーマにしたキャンペーンということで、たくさんの投稿がキャンペーン中に行われました。このキャンペーンもジーユーと同じように、「自分の着こなしを多くの人に知ってほしい!」というインスタグラムユーザーの欲求を上手く突いたものでした。

あなたの自社アパレルインスタグラムアカウントでも若者をターゲットにしている場合、自撮りをテーマにした写真投稿キャンペーンは大いに盛り上げる可能性があります。また着こなしを写真投稿するキャンペーンはジーユーやアメリカン・イーグル・アウトフィッターズを始めとして多くのアパレル企業が利用しているので、ぜひあなたのインスタグラムアカウント運営にも役立ててほしいです。

7.アルジー(ALGY)

アルジー(ALGY)のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

ガーリーカジュアルブランドとして有名な「アルジー」。アルジーでは「ALGY instagramプレゼントキャンペーン」を2019年3月21日~4月14日に開催しました。

このキャンペーンではALGYの新作アイテムを使ったコーデをインスタグラムユーザーが自分のインスタグラムに投稿。その際にキャンペーンモデルの3人のコーデから好きなものを「#algystyle1」のようにハッシュタグで選びます。すると抽選でモデルが着用しているものと同じアパレル商品がプレゼントされるというものでした。

ジーユーやアメリカン・イーグル・アウトフィッターズと同じく、こちらも自分のコーデをインスタグラムで拡散したい女子の参加を見込めるキャンペーンでした。またキャンペーンモデルが着用しているアパレル商品を自分も着用できるかもしれないというプレミア感も魅力です。この点はキャンペーンモデルとタイアップしたスーツをプレゼントするキャンペーンを行ったアオキに通じるものがあります。

あなたの自社アパレルインスタグラムアカウントでもインスタグラムユーザーの拡散欲求をうまく突くキャンペーンを、モデルとのタイアップアパレル商品などのプレゼントなどと組み合わせてみましょう。そうすれば相乗効果で大きな集客効果を作り出すことができます。

8.ワコール(Wacoal)

ワコール(Wacoal)のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

女性用下着を中心としたアパレルの老舗「ワコール(Wacoal)」。ワコールではレディースブランド「サルート」の「ナイトリッチブラ」プレゼントキャンペーンを2019年3月12日~4月30日に開催しました。

このキャンペーンは、インスタグラムもしくはツイッターから参加。インスタグラムの場合はサルート公式アカウント「@wacoal_salute」をフォローします。そしてキャンペーン投稿をハッシュタグ「#サルートナイトリッチブラ」をつけてリポストすると、抽選でナイトリッチブラがプレゼントされました。

このキャンペーンもワールドと同じように新アパレル商品に関する投稿を再投稿してもらうことで、新アパレル商品の認知度向上と販促につなげられるキャンペーンでした。複数の企業で同じようなキャンペーンを行っていることから、新アパレル商品とインスタグラムハッシュタグキャンペーンの相性のよさがよく分かりますね。

あなたの自社アパレルインスタグラムアカウントでもワールドやワコールと同じように、新商品が発売されたときはインスタグラムのハッシュタグキャンペーンを開催すると、新商品の売上拡大を見込めます。

9.ピーチ・ジョン(Peach John)

ピーチ・ジョン(Peach John)のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

アパレル通信販売会社及び直営店「ピーチ・ジョン・ザ・ストア」を運営する「ピーチジョン(Peach John)」では、ハッシュタグ「#PJme」を利用したキャンペーンを毎月開催しています。

このキャンペーンでは、まずPEACH JOHNインスタグラム公式アカウント「@peachjohn_official」をフォローします。そしてピーチ・ジョンのお気に入りのアパレル商品を撮影し、#PJmeをハッシュタグ付けして投稿すると、毎月1名に抽選でWEB限定の10,000円分のクーポンがプレゼントされます。

ピーチ・ジョンのさまざまなアパレル商品を写真付きでインスタグラムユーザーに見てもらえるので、販促効果も抜群。また毎月開催されているので、長期間キャンペーン経由での自社アパレル関連の投稿増加が見込めます。

あなたが自社アパレルのインスタグラムアカウントを運用するときも、アパレル商品の投稿を行うとプレゼントがもらえるキャンペーンを毎月行うとよいかもしれません。そうすれば定期的にキャンペーン経由で多くの自社アパレル商品の投稿を集められますし、ユーザーに自社アパレル商品の魅力を知ってもらえます。

10.カルバン クライン(Calvin Klein)

カルバン クライン(Calvin Klein)のインスタグラムキャンペーン
キャンペーンページ

アメリカのファッションデザイナーの名を冠したファッションブランド「カルバン クライン(Calvin Klein)」では、新作のアンダーウェア シリーズ「STATEMENT 1981」のアンバサダーを募集するインスタグラムキャンペーンを2019年2月22日~2月28日開催しました。

このキャンペーンでは「PVHJ-Tryon@ck.com」のメールアドレス宛に件名「カルバンクラインSTATEMENTアンバサダー応募」で「名前」、「インスタグラムアカウント」、「個人情報取り扱いへの同意」の項目を沿えてメール。そして抽選で「STATEMENT 1981」が発送されるので、発送後アンバサダーは感想を「#MYCALVINS」、「 #STATEMENTアンバサダー」、「#AD」の3つハッシュタグを付けて投稿するというものでした。

メールを送ってから感想をインスタグラム内のハッシュタグ付き投稿で公開するという若干面倒なキャンペーンではありました。しかしその分本当にカルバンクラインに興味のあるインスタグラムユーザーが応募してくれやすくなるので、アンバサダーから質の高い感想投稿を見込めました。インスタグラム投稿では、質の高い投稿ほど販促効果が上がりますから、集客に大きな効果があります。

あなたが自社アパレルのインスタグラムアカウントを運用するときも、アンバサダーを募って商品を送り、感想をハッシュタグ付きで投稿してもらうキャンペーンを行えば、質の高い投稿を集めて販促に利用することが可能です。またある程度インスタグラムで影響力のあるユーザーを集めたい場合は、応募条件に「フォロワー数が100人以上の方が対象」など、その旨を記載しておくとよいかもしれません。

まとめ

今回はアパレルのインスタグラムハッシュタグキャンペーンの事例を10選、活用のコツとともにご紹介してきました。

新規店舗の客寄せや新商品の販促など、さまざまな場面でインスタグラムハッシュタグキャンペーンが役に立つのがお分かりいただけたと思います。またユーザーの心理を突いた着こなし投稿キャンペーンなど複数の手法を活用すれば、それだけ効果的なマーケティングが可能です。

ぜひ本記事を参考にしながら、自社にピッタリのインスタグラムハッシュタグキャンペーンを考え出してみてはいかがでようか。


インスタ施策の完全マニュアル無料配布中

スナップレイスでは現在、100ページ以上のインスタグラム施策完全マニュアルを無料配布中です。ぜひこの機会に完全マニュアルをゲットしてみてはいかがでしょうか?

インスタ施策の完全マニュアル資料請求(無料)