Twitterの基本用語集

Twitterの基本用語集

今や企業の情報発信に欠かせないTwitter。多くの企業も導入し、日々自社製品やサービスに関して情報発信を行った

り、ユーザーと交流を行っているのではないでしょうか? また、これからTwitterを導入し、情報発信を行っていきたい、と考えている企業様もおられることでしょう。

TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSにはそれぞれそのSNSを利用するユーザーが用いる用語があります。Instagramなら「いいね」「リポスト」、Facebookは「シェア」、Twitterなら「リツイート」「リプライ」などがその代表例でしょう。

これから導入を進める方にとって最初に立ちはだかるのがSNS独自の用語。今回はTwitterの用語について、そしてTwitterの詳細についてご紹介いたします。

Twitterの使い方がわかる基礎用語

まずはTwitterについて簡単にご紹介いたします。

Twitterとは?

Twitterは現在、国内で約4,500万人が利用するSNS。世界全体では3億人以上が利用しており、利用者が多いSNSのひとつです。

Twitterの大きな特徴が140文字以内のテキストを投稿するということ。写真がメインで文字制限がないInstagramとの大きな差は文字制限でしょう。140文字だからこそ気軽に投稿でき、いいたいことをシンプルにすることで多くの人に伝えられやすくなっています。
このほか「リツイート」機能も特徴のひとつ。リツイートについては後ほどご紹介しますが、ユーザーがリツイートすることで、多くのユーザーに投稿を拡散することができます。リツイート機能があることで、FacebookやInstagramと比較して拡散力が高いSNSだといえるでしょう。いわゆる「バズらせる」にはTwitterが向いているといえます。
さらにアカウントを承認しあうことでお互いの投稿が見られるクローズなSNSプラットフォームとは異なり、Twitterは基本的にオープンなSNS。ユーザー好みの情報を発信し続けると、ユーザーは一方的にフォローすることが可能なので、全く知らなかった人、興味がなかった人をファンにしやすいといえます。

こうした特徴から現在では多くの企業がTwitterアカウントを開設しており、アライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役会長:中村壮秀、代表取締役社長:豊増貴久、証券コード:6081)の調査によると、Twitter利用者の55.7%が企業アカウントをフォローしているそう。

Twitterの基本用語

Twitterの基本用語

ではアカウントを運用するにあたり、押さえておきたい用語についてご紹介いたします。Twitterを利用する上で頻発する用語は以下の通り。

  • ツイート
    …投稿のこと
  • TL(タイムライン)
    …Twitterの最初の画面のこと。時系列順にフォローしているユーザーの投稿が並ぶ画面
  • フォロー
    …興味・関心に合致するユーザーに対し、フォローボタンを押すと、自分のTLに投稿が表示されます
  • フォロワー
    …自アカウントをフォローしていてくれている人のこと
  • フォロバ(フォローバック)
    …フォローしてくれた人をフォローすること
  • リプ(リプライ)
    …返信のこと
  • ふぁぼ(いいね)
    …投稿に対し、ハートマークをクリックすること
  • リツイート(RT)
    …自分やユーザーのツイートをそのままの文章で自分のTLにツイートすること
  • 引用リツイート
    …ツイートに対し、自分の言葉を添えてRTすること
  • DM(ダイレクトメッセージ)
    …ユーザー同士でメッセージのやりとりをすること
  • アンケート
    …Twitter上でアンケートを実施できる機能のこと
  • タグ付け
    …特定のユーザーをツイートに紐付けること
  • ハッシュタグ
    …単語の前に#をつけたテキストのことで、同じハッシュタグがついた投稿の一覧を閲覧可能
  • インプレッション
    …ツイートがユーザーンに表示された回数

このくらいの用語を知っておくと、Twitterを運用する上で他ユーザーの言葉がわからない、ということはないでしょう。

知っておきたい特徴

知っておきたい特徴

続いて、Twitterを利用する上で知ってきたい特徴についてご紹介いたします。

  1. 140文字の投稿
    Twitterは1投稿あたり140文字。なかには複数のツイートで多くの文字数を投稿している企業もありますが、やはり140文字以内ですっきりと情報発信を行うのがスマートです。
  2. ゆるさ・つながりの作りやすさ
    Twitterユーザーは情報発信を行っている人だけではなく、見ているだけのゆるく利用している人も多くいます。フォローするだけでこうした人のTLに情報を流せるというのは大きなメリットでしょう。
  3. 即時性の高さ
    TLは基本的に時系列順に並べられるので、情報の即時性は極めて高いといえます。
  4. 拡散力が高い
    RT機能のおかげで拡散力は非常に高いSNSです。話題になるツイートをすることで、フォロワー数が少なくても「バズる」可能性は高いでしょう。
  5. 情報収集・交換に向いている
    Instagramのようにハッシュタグでの検索だけでなく、フリーワードでの検索も可能なので、情報収集に向いています。また同じ趣味趣向の人同士がつながることで情報交換も行いやすいでしょう。
  6. 情報発信ツール
    ブログやホームページほどかしこまった場ではないので、情報発信の頻度を高めることが可能です。
  7. 炎上対策必至
    注意しなければならないのが炎上。昨今は簡単なことで炎上してしまうので、炎上した際の対応含め、マニュアル化してから運用開始するとよいでしょう。
  8. プライバシー対策
    写真などを掲載する際は個人情報などが映り込んでいないか、人物が映り込んでいないか細心の注意を払う必要があります。

Twitter関連サービス

Twitterから派生した関連サービスも多数存在します。

  • URL短縮サービス
    TwitterはURL含め140文字。そのため、長いURLを貼り付けた投稿は情報が薄くなります。そこで20文字程度の短いURLから本来のURLに自動転送を行うサービスがあります。
  • クライアント(アプリケーション)
    公式ホームページを利用しなくても、外部アプリケーションを利用することでTwitterを利用可能。アプリによってはカスタマイズも可能なのでよりTwitterを利用しやすくなります。
  • ツイートボタン
    ホームページなどにツイートボタンを挿入可能。ユーザーがそのページからツイートを行うと手軽に情報を拡散させられます。
  • ウェブ・インテンツ
    Twitterが提供するサービスで、リンクを埋め込むとウェブページ内でいいね、リプ、RTなどが行えます。

Twitterアカウントの形態

Twitterには大きく分けて3つのアカウントの種類があります。

  • BOT
    自動発言プログラムのこと。あらかじめ設定された内容を、決められた時間に投稿し続けるアカウント。
  • 公式アカウント
    なりすましを防ぐため、有名人や企業はTwitter側が本物であることを確認できた際、認証バッジが付与されます
  • アカウント凍結
    スパム、偽装、攻撃的なツイート、13歳以下の使用など規約に違反したアカウントはアカウントが凍結されます。最近では中部空港のTwitterが凍結されたことがありました。これは誕生日の設定を開港記念日の2005年2月17日にしていたため。誕生日は非表示にできるので担当者の生年月日を入力するのが無難です。

Twitter利用での注意点

Twitter利用での注意点

最後にTwitterで注意しておきたいポイントをご紹介します。

  • 迷惑ツイート
    企業は情報を多くの人に知ってほしいと思うわけですから、ついついツイートの数が多くなってしまったり、フォロワーにDMを送ってしまうことがあるかも知れません。しかし、迷惑だと感じるユーザーも多く、フォローを外されたり、ブロックされたり、アカウント凍結の原因になることも。ツイートのサイクルなども事前にマニュアル化すると良いでしょう。
  • ハッシュタグの乱用
    ハッシュタグから情報を探す人も多いのがTwitter。そのため、無関係なハッシュタグを乱用したツイートは情報が探しにくくなるため、好まれません。
  • デマの拡散
    震災関連で一般ユーザーのツイートがRTされることも多いのがTwitter。しかし、これらの情報のなかには真偽不明なものも多いのが事実です。そのため、むやみやたらとRTすることは推奨されません。
  • フォロバ
    企業アカウント開設当初はフォロワー数が少なくて当然。フォロワーが徐々に増えていきますが、うれしさのあまり、むやみやたらにフォロバは推奨されません。フォローしてくれた人へ感謝の言葉を伝えたりするのは良いですが、フォロバに関しては事前にルール化しておきましょう。

まとめ

Twitterは上手に活用すればとても有用なツールです。無理にTwitter用語を使わなくとも、ユーザーからの意見を吸い上げたり、ユーザーに対して有用な情報発信を行っていきましょう。