Twitter凍結のアカウントが凍結される原因や対処法

Twitter凍結のアカウントが凍結される原因や対処法

Twitterは企業とユーザーとがつながれる場。多くの企業はTwitterアカウントを運用しており、自社の製品やサービスのPRはもちろんこと、ユーザーとの交流を行っています。そんなTwitterですが、利用しているユーザーのなかにはアカウントが凍結(停止・削除)されてしまうという人も。規約通りに利用していても巻き添えで凍結されてしまうケースもあるようです。

企業アカウントにとって凍結は避けなければなりません。今回はなぜ凍結されるのか? そしてその原因とともに解除する方法についてご紹介いたします。

Twitterアカウントの凍結とは

まず始めにTwitterアカウントの凍結とはどのようなものなのかを簡単にご説明いたします。

Twitterアカウントの凍結はTwitter社がいかのように説明しています。

Twitterでは、ユーザーに常時安全な環境を提供するために、Twitterルールに違反しているアカウントを凍結することがあります。
Twitterヘルプセンターより

Twitterアカウントの凍結とは
出典:Twitter公式ヘルプ

通常であればいきなりアカウントが凍結されることは稀で、警告、本凍結、永久凍結という段階を踏んでアカウントが停止されます。警告されるといきなりTwitterが操作できなくなりますが、警告の段階であれば解除はそれほど難しくないのですぐに復旧可能です。

身に覚えのないことであっても一度警告を受けていると、次に警告を受けた際により重い本凍結になる可能性もあるので、警告は受けないのが吉。Twitterが定めるルール内での運用が絶対条件となります。

アカウントが凍結されてしまうと、ログインができるだけで、ツイートを投稿したり、新たなフォローなどはできませんし、フォロー、フォロワーともに0人となってしまいます(凍結が解除されると元に戻ります)。

Twitterアカウント凍結の種類

凍結には段階がある、ということをご紹介いたしました。では具体的にそれぞれのフェーズでどのような対処がなされるのか? Twitterの凍結の種類についてご紹介いたします。

警告

まずはもっとも軽い警告から。初めて凍結処理されてしまい、Twitterにログインするとトップページに「あなたのアカウント(@〜〜〜)は現在、凍結されています。詳しくは、凍結されたアカウントをご覧ください。」と表示されます。

この状態だと先ほどもご紹介した通り、フォロー、フォロワーともに0人という表示になり、ツイートなどTwitter利用の上で欠かせない操作ができなくなります。

本凍結

警告よりも重いのが「本凍結」です。一度違反し、その後もルールを守らなかった場合、本凍結となります。本凍結されると電話番号の登録もできなくなるより重い処置となります。

永久凍結

もっとも重いのが永久凍結でここまで来るとアカウントを復活させられません。通常本凍結の処置を受けてもすぐに永久凍結にはなりません。しかし、本凍結を何度も繰り返すと永久凍結となります。復活の可能性はほとんどないので、こうなるとアカウントを諦めるほかありません。

実際に永久凍結処分を受けたアカウントはあまりないようですが、凍結は割と頻繁に起こっているよう。アカウントでの違反行為はユーザーからの通報も可能となっているので、現在の規約に違反した運用をしているアカウントは要注意です。

Twitterアカウントが凍結される原因・理由

ではアカウントはなぜ凍結されてしまうのでしょうか?

Twitterヘルプセンターにはアカウント凍結される原因が3つ書かれています。ここではそれらをご紹介いたします。

スパム

アカウント凍結の原因としてもっとも多いのが「スパム」。スパム行為または偽装、Twitterやほかのすべてのユーザーにとってセキュリティ上のリスクを招いていると判断されると凍結されます。スパムアカウントはTwitterのルールに当然違反しているわけですから凍結やむなし、といった感じでしょうか。

稀に人間が利用しているアカウントであっても手違いで凍結されることもあります。その場合は本人が協力することを前提として凍結が解除されます。

セキュリティ

セキュリティが危険な状態にあるアカウントも凍結対象。具体的には乗っ取り、ハッキングされたりしたアカウントですね。こうしたアカウントの場合は凍結される可能性が高いでしょう。もしも乗っ取られている場合はこちらからも処理ができないので凍結された方が良いともいえます。

攻撃的なツイート・行動

著しく風紀を乱すような攻撃的なツイートや行動もTwitterのルールに違反しています。他人に対する脅迫、他のアカウントへのなりすまし、嫌がらせといったことを行っているアカウントは一時的または恒久的に凍結されます。

Twitterアカウントの凍結を解除する方法

アカウントを解除するにはいくつかの手順が必要です。なかには自分で凍結解除できる場合もあります。

アカウントの凍結について

アカウントの凍結について
出典:Twitter公式ヘルプ

自分で凍結解除できる場合

自分でアカウントの凍結を解除できる場合は、ログインしたときに携帯電話番号の入力またはメールアドレスの確認を求められた場合です。これらの場合は自分でアカウントの凍結解除を行えます。

自分で解除できない場合

自分で解除できない場合の方が多いのですが、「アカウントがロックされている」というメッセージが表示されている場合は、特定の手順を行う必要があります。

正当な所有者であることの確認が必要になる場合

アカウントのロックに伴い、正当な所有者であることの確認が必要になる場合
出典:Twitter公式ヘルプ

自分で解除できない場合は「異議申し立て」を行う必要があります。アカウントが何度も凍結されると、携帯電話番号やメールアドレスの確認だけでは凍結が解除できません。もしも凍結解除できない状態になったら、Twitterヘルプセンターの「異議申し立て」ページから、必要事項を入力し凍結解除依頼を出します。
ただし異議申し立てを行っても100パーセント凍結が解除されるという保証はありません。

アカウントの凍結またはロックに異議申し立てをする
出典:Twitter公式ヘルプ

2017年8月以降、Twitterアカウントの凍結が多発

ルールに則り正しく運用されていれば、めったに凍結することはありませんが、2017年8月以降突然Twitterのアカウントが凍結されるケースが確認されています。多くの場合は警告の段階を超え、いきなり本凍結となり、異議申し立てをしても解除されない、といったことから大きな問題になりました。

現在でも原因ははっきりとわかっておらず、解除されないまま新たなアカウントを開始したユーザーも多いそうです。同年10月からは規約が変更になり、著作権保護が強化されました。面白いと思って版権もののキャラクターのイラストなどをツイートすると凍結する危険性があるので、ぜひ避けましょう。

Twitterアカウント凍結の事例

「こんなしょうもないことで?」という原因でも凍結されることがあります。最後に実際に凍結された事例を確認しましょう。

同文を10人にメッセージとして送信

クリスマス、ハロウィン、お正月など日本はイベントが豊富ですよね。クリスマスなら「メリークリスマス」、ハロウィンなら「トリックオアトリート」、お正月なら「あけましておめでとうございます」でしょうか。こうした文章を複数人にメッセージで送信したところ、凍結された事例もあるよう。
送信するメッセージをコピーアンドペーストしていた、ということが原因のようですが凍結の原因は些細なものの場合があります。

きわどいカテゴリのツイート

ツイートの内容にも要注意。肌の露出が多い、非アダルトな画像を掲載したら凍結されたというケースもあるようです。

Twitterは運用前にきちんとルールを把握しておくことが大切そうですね。

Twitterルール
https://about.Twitter.com/ja/safety/enforcing-our-rules.html