Twitterのハッシュタグ活用方法と活用事例

Twitterのハッシュタグ活用方法と活用事例

特にInstagramは基本的にハッシュタグやアカウント名での検索のため、ハッシュタグが重要だとされています。Twitterはフリーワードで検索できるため、そこまでハッシュタグを重視していない企業も多いようです。しかし、Twitterもハッシュタグでの検索が盛んに行われています。しっかりとしたハッシュタグをつけることで、より効果的な投稿ができるでしょう。

具体的にどのようなハッシュタグがよいのか? ハッシュタグはどのように設定すべきなのか? といったTwitterのハッシュタグにまつわる詳細をご紹介いたします。

ハッシュタグとは

ハッシュタグとは

そもそもハッシュタグとは一体何なのか。ご存じの方も多いかと思いますが、まずはハッシュタグについて改めて確認していきましょう。

タッシュタグとは、投稿を分類するためのタグのこと。「#」の後に文字を追加して投稿に記載することで、自動的にリンクが貼られ、ハッシュタグとなります。

例えば「#キャンペーン」というハッシュタグを設定したとします。「#ハッシュタグ」で検索するとさまざまなキャンペーン情報が表示されます。つまり、ハッシュタグは投稿を特定のトピックで分類するために用い、オリジナルのハッシュタグを作成すれば、自社のキャンペーン情報だけが表示されるということになりますよね。

Instagramをすでに運用されている場合、Instagramのハッシュタグも同様の仕組みです。特にInstagramでは特定のハッシュタグを用いたハッシュタグキャンペーンも頻繁に開催されていますよね。

ハッシュタグのメリット

こうしたハッシュタグをつけるにはどのようなメリットがあるのでしょうか? Twitterの場合、フリーワードで検索可能なのでわざわざハッシュタグを付ける意味は薄いような感じを受けます。

Twitterの場合、ハッシュタグをつけるメリットは「旬」と「トピックを絞り込める」というふたつのメリットがあります。

Twitterには現在話題となっているハッシュタグをランキングで表示する「おすすめトレンド」という機能があります。ランキングは数分おきに入れ替わるため、文字通り「旬がわかる」仕組みとなっているのです。金曜ロードショーで「天空の城ラピュタ」が放送しているときは「バルス」といったものがランクインします。フリーワードで「天空の城ラピュタ」を検索した場合、「一番好きな映画はターミネーターと天空の城ラピュタとバックトゥーザフューチャー」のように、今現在放送されている「天空の城ラピュタ」と関係ない情報まで表示されます。しかし、ハッシュタグなら「天空の城ラピュタ」がメインの情報をピンポイントで表示させられるのです。

ハッシュタグの命名ルール

Twitter上には無数にハッシュタグが存在しますが、どのようなルールで運用されているのでしょうか?

ハッシュタグは作成するツイートの本文中に記述するというルールがあります。「#(半角)」の後ろに言葉を記述すると自動的にハッシュタグと認識。ツイート中のどこに記載しても構いませんが、ハッシュタグとして記述する場合は、前後にスペースを1文字以上空け、ハッシュタグだと区別するようにする必要があります。

ハッシュタグを作成する際に使用できるのは「英数字」と「全角文字(日本語)」のみとなっています。記号は一切使用不可で、全角でもハッシュタグのなかでは使用できないようになっています。このあたりは結構厳密で「&」なども使用できない点には注意を。また、数字だけでもハッシュタグとして認識されないので、例えば「#2020」はハッシュタグにはならず、「#2020tokyo」ならOKといった具合です。

この点だけ注意すれば、どんなものをハッシュタグとして設定可能です。

ハッシュタグ付けるときの注意点

ハッシュタグ付けるときの注意点

ただし、多くの人の目にとめたいからとむやみやたらとハッシュタグをつけるのは禁物。ここからはハッシュタグをつけるときの注意点をご紹介いたします。

ハッシュタグをつけすぎる

Instagramと異なり、ハッシュタグの数に制限はありません。「#ラーメン」「#らーめん」「#ramen」と複数つけても良いのです。しかし、Instagramと同様にハッシュタグをつけすぎてしまうとユーザーから嫌われる可能性があります。確かにツイートは目に留まるかもしれませんが、フォロワーが増えない可能性が高いでしょう。

キーワード間違い

オリジナルのハッシュタグを用いたキャンペーンを実施する際に、キーワードを誤って設定してしまうとハッシュタグ検索で表示されません。ユーザーが正しいハッシュタグを入力できるよう、わかりやすいものにする必要がありますね。

使用済みハッシュタグ

比較的歴史が長いTwitterは、過去に膨大な数のハッシュタグが生まれています。キャンペーンを実施する際に新たなハッシュタグを用いようと思っても、なかなか未使用のハッシュタグが見つからないことがあります。

ハッシュタグの活用方法

ハッシュタグの活用方法

こうしたハッシュタグは企業アカウントでどのように活用されているのか。ここからは活用方法についてご紹介いたします。

市場調査で活用

キャンペーンを行う場合、あらかじめSNS上で似たようなキャンペーンを探すのにも有効。例えば「#人工衛星」というハッシュタグで検索すると、関連する結果を一覧で表示できます。これでリーチ数がわかるというわけですね。

さらにより詳細に調べたい場合は、「#人工衛星 北海道」と調べると、「#人工衛星」内で「北海道」というキーワードを用いているツイートを検索可能。ぜひ試してみてください。

ハッシュタグキャンペーンの実施

特定のハッシュをつけて投稿するだけでキャンペーン応募が完了するハッシュタグキャンペーンでも活用可能。個人情報などを登録しなくてもよいため、ユーザーの応募ハードルが下がります。

 

企業のハッシュタグ活用事例

企業なども多く参加し盛り上がるのはエイプリルフール。「#エイプリルフール」タグは企業の投稿でも盛り上がりを見せます。

こちらはリカちゃんの公式アカウント。エイプリルフールに自伝を出版するというツイートで、リカちゃんなら「あってもおかしくないかな?」と思ってしまいますが、ハッシュタグでエイプリルフールとネタバレしています。

UNIQLOは最近本文中にハッシュタグを入れています。この投稿では「#newMoMA」を検索した人に、UNIQLOのTシャツをアピールできますよね。

ポカリスエットもハッシュタグを積極的に活用中。特に「#夏コミ」というTwitterユーザーが多く投稿するハッシュタグを設置しているとことがポイント。内容も実際にポカリスエット(大塚製薬)として夏コミ(夏のコミックマーケット)に出店しているため、見ているユーザーからも嫌われません。「夏コミ」が話題だからと、「#夏コミ」を入れて無関係なツイートすると炎上の原因にもなるので注意しましょう。

まとめ

ハッシュタグはTwitterを積極的に活用している上級者ほどしっかりと使っているようです。こうした層にアピールするにはしっかりとハッシュタグを設定しましょう。ほかのユーザーが思わず使いたくなるようなハッシュタグを生み出せれば、より効果的なSNS運用ができますね。ぜひここまでの事例なども参考にしてみてください。