写真撮影・テイストのコツ!小物使いで世界観醸成

写真がワンランクアップするテイストのコツ!小物使いで世界観醸成
テイストを決定づける小物は世界観を反映したものを使うのがオススメです。漆器や和紙、焼き物を置くと和風になるように、見せたい世界観によって使う小物は変わるもの。それぞれのテイストにはそのテイストを決定づける小物が存在します。そうした小物を見つけ出し、写真に取り入れることで、画面のイメージがグッと引き締まり、イメージが大きく変わります。

今回は和風、クラシカルなどさまざまなテイストを表現する方法をご紹介していきます。オススメの小物などもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

和風を演出

和風を演出
photo by Yuki@Precious Salon

陶器、焼き物、瀬戸物、漆器、和紙などは和風な演出するために役立つアイテムです。これらのアイテムは日本らしい意匠を取り入れていることも多いので、簡単に和風になります。和テイストは日本のみならず、海外のファンも多いので、さまざまな人をターゲットにできます。和の素材を使うときはなるべく安っぽく見えない上質な素材を使うようにしましょう。

作例は焼き物を用いた和テイストの写真。焼き物だけではなく、日本らしい植物を添えるとぐっと上質な雰囲気になります。ただ日本らしい置物ではなく、こういった小物も活用していきましょう。和を表現するためには、画面いっぱいにものを散りばめるよりも、余白を意識した構図が重要。空間をあえて広く取った写真にするのがオススメです。

エレガントな雰囲気を演出

エレガントな雰囲気を演出
photo by miyuki

エレガントテイストを象徴するのがレースやデコラティブな小物。曲線的でデコラティブなデザインはそこに存在するだけでエレガントな雰囲気を醸し出します。クラシックテイストと重なる部分が多いですが、クラシカルでエレガントなテイストは、どちらかというと「女性的」なのが特徴。柔らかく、女性的なイメージを受ける小物を取り入れると良いでしょう。レースなど下地として上手に活用すると、気品あるエレガントスタイルを作ることができます。

作例ではレースをあしらった小物を配置してエレガントな雰囲気を演出しています。色合いも優しさを感じる色合いに現像することで、女性的な雰囲気を感じることでしょう。フェミニンな世界観を構築できれば正解なので、現像しながら適宜調整していきましょう。

アンティーク小物でエレガントさを演出

アンティーク小物でエレガントさを演出
photo by usuko

テイストを組み合わせる例は結構多く、組み合わせれば組み合わせるほどターゲットが絞られてしまいます。しかし、明確にターゲットが決まっている場合は、組み合わせて絞り込んだ方が有効なことも多いので、明確なターゲットがある場合はテイストを組み合わせてみましょう。例えば、アンティークとエレガントを組み合わせると高級感とおしゃれ感を強めることができます。アンティークの使い込んだ風合いと、繊細なエレガントテイストは親和性が高いので、ぜひ活用してみてください。

作例ではエレガントなボタンと、アンティークなボタンを掲載。逆光にして、写真全体を暗くすることで高級感を演出しています。カジュアルなどでは明るい写真が好まれますが、エレガントさを出すためには暗めに幻想するのがオススメ。ただ、暗すぎるとアイテムのディティールが潰れてしまう恐れもあるので、ティディールがつぶれないくらいの暗さを意識しましょう。ボタンはエレガントにもアンティークにもなれる万能な小物。飾りが付いた大きなエレガントなボタンのほか、金属製の古びたアンティークボタンを並べるとそれだけでグッとオシャレな雰囲気になりますよ。作例ではエレガントでアンティークな素材をモダンな雰囲気でまとめています。さまざまなテイストを組み合わせ、大きなテイストでまとめてあげるとオシャレ度がアップします。

このとき気をつけたいのは主役がエレガントなのがアンティークなのかです。主役に合わせてそれぞれのパーツの比率や配置を換えていきましょう。ブラック&ホワイトはエレガントな雰囲気になりやすく、金属ボタンはアンティークになりやすいのが特徴。何事もバランスが大切なので、狙うテイストに合わせて臨機応変に足し引きしていきましょう。

カジュアルさとアンティークを組み合わせる

カジュアルさとアンティークを組み合わせる
photo by usuko

カジュアルテイストの特徴は気軽な雰囲気です。その気軽な雰囲気にアンティークテイストを足してあげると、軽さだけでなく、適度な重さが加わって写真に深みが増します。ただし、テイストをふたつ組み合わせると、ちぐはぐな印象につながってしまうこともあります。ちぐはぐにならないためには、しっかりと質感やテイストを見極める必要があります。アンティークといっても金属を組み合わせるのではなく、木製のアンティーク小物などを用いるとカジュアルな印象になるでしょう。

作例はアンティークさとカジュアルさが融合した例。全体的にカジュアルな雰囲気は残しつつもアンティーク小物を配置することでアンティークの重厚さをプラスしています。こうした羊毛を使った質感のものはカジュアルが強すぎる場合があり、意図しないカジュアルさを排除するために、アンティークと組み合わせる例もあります。羊毛はただカジュアルなだけでなく、アンティーク特有の風合いもしっかりと伝えられるので、カジュアルとアンティークは相性が良いのです。

カジュアルとアンティークを組み合わせるとき、メインはカジュアルが良いでしょう。カジュアルを際立たせるためにアンティークな小物で盛り上げるスタイルがオススメ。アンティークを強くしすぎてしまうと、一気にアンティークな雰囲気になってしまうので、バランスには注意しましょう。

モダンなカジュアルを演出

モダンなカジュアルを演出
photo by hana

カジュアルさとモダンを組み合わせると、上質な空間でくつろぐ様子を表現できます。このテイストは多くの人が好むテイストでもあるので、頻繁に用いられています。モダンとカジュアルを組み合わせるため、画面の中でモダン:カジュアルの比率を変えると、シャープな印象になったり、暖かな印象になったりするのが面白いところ。どっち寄りのテイストで見せたいかによってスタイリング方法も変わってくるので、まずはテイストを決めていきましょう。

作例はコーヒーを用意しました。コーヒーはそれだけでカジュアルさをくつろぎを表現できる素晴らしいアイテムです。作例のようにほかに余計な情報を入れなければ暖かな雰囲気は保ちつつもクールな印象に仕上げることができます。作例の場合、人の手やニットまで映すことでカジュアルの割合を増やしていますよね。このほか、コーヒーを入れる道具や豆などを画面内に配置すると一気にモダンな雰囲気に変化します。モダンを強くしたいときは食器を黒くしたり、ブラックコーヒーにすると引き締まってよりモダンテイストになるでしょう。

マグカップに描かれた絵などをメインに据えると、モダンな雰囲気を強くしてもカジュアルな印象に仕上がります。モダンテイストを取り入れるときは、できるだけ色数を減らして、モノトーンでまとめた方が良いでしょう。

まとめ

さまざまなテイストがありますが、それぞれの良いところを掛け合わせると、その商品だけの世界観を醸成できます。ターゲットは絞られてしまいますが、ターゲットが明確な場合はテイストを掛け合わせ、より興味関心がある人に届けられるような画面作りを行いましょう。


SNS運用や写真素材の用意などでお困りの方へ

150万件超の投稿、500万超のフォロワー規模を持つスナップレイス・メディア会員の中から、適切なインスタグラマーを発掘し、企業様のインスタグラム運用代行、撮影代行、インスタ映え施策など様々なソリューションをご提供しています。



インスタ施策の完全マニュアル無料配布中

スナップレイスでは現在、100ページ以上のインスタグラム施策完全マニュアルを無料配布中です。ぜひこの機会に完全マニュアルをゲットしてみてはいかがでしょうか?

インスタ施策の完全マニュアル資料請求(無料)