SNS(Instagram・Facebook・Twitter・LINE)の国内・世界のユーザー数まとめ

SNS(Instagram・Facebook・Twitter・LINE)の国内・世界のユーザー数まとめ

世界ではさまざまなSNSが利用されています。特にSNS業界は移り変わりも激しく、現在人気のSNSであっても、来年にはあまり人気がない、またはユーザー層が変わってしまう、なんてことは起こりえます。だからこそ、常に最新の動向をチェックし、SNSの運用を行っていく必要があるのです。

今回の記事では、各SNSプラットフォームが現在どのくらいのユーザーに利用されているのか? ということをご紹介していきます。

2019年8月更新SNS最新動向 データ

各SNSは定期的にユーザー数などの情報を公開しています。ソーシャル業界は移り変わりも激しく、各SNSプラットフォームのユーザー数も刻々と変化しています。Facebook、twitter、Instagram、LINEなど日本でも人気のSNSのユーザー数はどのくらいなのかに迫っていきましょう。

Facebook世界23億7,500万人の月間アクティブユーザー数

Facebook世界23億7,500万人の月間アクティブユーザー数

Facebookは世界でもっとも利用者の多いSNS(ソーシャルネットワーキングサービス。Social Networking Service)のひとつで、SNSが人々の生活に浸透するきっかけともなったパイオニア的存在。Facebookの大きな特徴は、それまでSNSは匿名性だったが「実名性」を採用したこと。実名で登録することで、個人同士のつながりが生まれやすくなり、企業での利用も盛んになりました。

国内ユーザー

ではまず、国内のユーザー数を見ていきましょう。日本国内のFacebook月間アクティブユーザー数は2,600万人。徐々に減少はしている印象ですね。しかし、月間アクティブ率はFacebookストーリーズなどの導入によって56.1%と好調です。

国内のユーザーは男性の方が多め。特に30代から50代の利用者が多いので、30代から50代の特に男性をターゲットとしたビジネスにはFacebookは最適だといえるでしょう。

海外ユーザー

国内ではユーザー数が減少傾向ですが、海外では増加傾向にあります。月間アクティブユーザー数はなんと23億7,500万人となっており、その巨大さがわかるかと思います。日間アクティブユーザー数も15億6,200万人となっており、多くのユーザーが毎日利用していることがわかります。

Twitter世界3億3,500万人の月間アクティブユーザー数

Twitter世界3億3,500万人の月間アクティブユーザー数

twitterも世界中で利用者が多いSNSのひとつです。主な機能は140文字までの投稿(ツイート)を行うというシンプルなもの。短文で発信する工夫を行うことで、twitterならではの文化なども生まれました。また、リツイート機能が実装されていることで、情報の拡散力が非常に高いのが特徴。その分、情報の鮮度が重視されますが、一日に複数回更新する企業が多いSNSです。

国内ユーザー

まず、国内のユーザー数を見ていきましょう。日本国内におけるtwitterの月間アクティブユーザー数は4,500万人となっており、相当の人が利用していることがわかります。月間アクティブ率は70.2%となっており、多くのアカウントが稼働状態であることがわかりますよね。

国内のユーザーの男女比は若い世代では女性が多く、30代以降では男性の方が多いという特徴があります。40代の利用者が多く、次いで20代、30代の利用者が多いのが特徴です。企業が活用する場合、若年層をターゲットにしたものがよいでしょう。

海外ユーザー

海外のユーザー数は3億3,500万人で、Facebookよりはかなり少ないですよね。アメリカでは主に20代・30代が利用しているSNSです。

Instagram世界10億人の月間アクティブユーザー数

Instagram世界10億人の月間アクティブユーザー数

InstagramはFacebook社が運営するSNS。世界中で急成長を続けているSNSで、ついに利用者は10億人を突破しました。今後も利用者数が増えることが見込まれているSNSです。Instagramは写真を中心としたSNSで優れた写真が数多く投稿されています。企業アカウントも多数解説されており、投稿から直接商品購入可能な「ショップナウ」機能が実装されるなど、ビジネス方面でも進化を続けています。

国内ユーザー

では、国内のユーザー数を見ていきましょう。日本国内におけるInstagramの月間アクティブユーザー数は3,300万人となっており、今もなおユーザー数が伸びています。特徴的なのは月間アクティブ率で、84.7%もアクティブなアカウントがあるのです。

国内のユーザーの男女比は女性が圧倒的に多く、特に10代、20代、30代は女性の利用者が6割以上となります。Instagramのビジネス用アカウントは女性をターゲットにしたものが多く、アパレル、化粧品といったものも数多くあります。女性をターゲットにした商品やサービスを展開する場合、SNSの運用でInstagramは外せないでしょう。

海外ユーザー

海外のユーザー数は10億人で、日間アクティブユーザー数は5億人、ストーリーズは日間で4億人が利用しているそう。アメリカでは20代、30代のユーザーが利用の中心です。

LINE 国内8,000万人突破!全世代で利用されるSNS

LINE ロゴ
出典:LINE公式

日本国内でも多くの人がコミュニケーションツールとして活用しているのがLINE。今や生活になくてはならないコミュニケーションツールといえるでしょう。日本では日間・月間ともにアクティブ率が上昇しています。そんなLINEはどのくらいのユーザーが利用しているのでしょうか?

国内ユーザー

LINEのユーザー数
出典:LINE紹介資料2019年10月-12月期 7P

LINEのユーザー属性(性別・年齢・職業)
出典:LINE紹介資料2019年10月-12月期 9P

国内のユーザー数を見ていきましょう。日本国内のLINEアクティブユーザー数はついに8,000万人以上となりました。日間アクティブユーザー率も86%を超えており、毎日多くの人がLINEを利用している、ということがわかります。国内では男女比はほぼ半々で、各年代幅広く利用されています。特にユーザー数が多いのが40代となっているので、40代をターゲットとしたビジネスを展開する場合、LINEというのもひとつの選択肢に入ってくるでしょう。40代は利用者人口の63パーセントに対して、推定ユーザー数において20代の推定ユーザー数を抜いている、というのが特徴でしょう。若年層が主な利用層だと思いがちですが、若年層以外のユーザーも着実に増やしています。

注意が必要な点はアクティブ率が高いため、メッセージの配信頻度が多すぎると簡単にブロックされる恐れがあります。ターゲットだけでなく、配信時間、タイミングなどもじっくりと練る必要がありそうです。

海外ユーザー

海外では台湾、タイ、インドネシアで積極的に利用されており、2億1,700万人以上が利用しています。日本を含む、台湾、タイ、インドネシアの4カ国だけで1億6,800万人が月間利用するアプリ。これらの国にビジネスを展開したい、と考えている場合はLINEも有効なSNSのひとつでしょう。

まとめ

すべてのSNSでユーザー数を同じタイミングで発表しているわけではありませんが、現在の最新データをまとめました。

ここでまとめたSNS以外にも、Pinterestも着実に月間アクティブ率を伸ばしており、ユーザー数も増加傾向にあります。海外では2億5,000万人以上が利用する人気のSNSなので、日本国内でも大ブレイク間違いナシでしょう。ぜひPinterestなどもこれから取り入れて積極的な情報発信をしてみてはいかがでしょうか?