アンバサダープログラムとインフルエンサーの違い

アンバサダーとインフルエンサー

アンバサダーとインフルエンサー

アンバサダーとは

アンバサダーという言葉は「大使」を意味する言葉で、旧来では広告業において「ブランドアンバサダー」として芸能人等にブランドの代表的な「顔」として就任してもらうなどの使われ方をしていました。東京オリンピック招致アンバサダーの「滝川クリステル」などがこの例としてはわかりやすいです。

一方、最近ではこの「ブランドアンバサダー」よりも効果的な手法として「アンバサダープログラム」という形で、一般のお客さんに認知を広めることを助けてもらう「アンバサダープログラム」が注目を集めています。

アンバサダープログラムでは、既存顧客であるアンバサダーとのコミュニケーションを深め、そのアンバサダーに商品やサービスを広めてもらう効果を狙います。それを計画的に行うことがアンバサダープログラムにあります。

アンバサダープログラムの効果は、アンバサダーのリーチ数(SNSでどれだけのフォロワーがいるか)×アンバサダーの商品やサービスへのファンの度合い(熱量)で決まります。

ファンの度合い(熱量)は、商品やサービスの事がどれだけ好きか、どれだけ知人に口コミを行ってくれる可能性が高いかということを示します。

アンバサダーのリーチ数を増やすのは難しいため、アンバサダーの数を増やし、さらにアンバサダーの熱量を上げるようなコミュニケーションの場(ミートアップなど)を設け、その効果を最大化していく施策が効果的です。

アンバサダーマーケティング


インフルエンサーとは

一方、インフルエンサーとはリーチ数(どれだけのファンがいるか、どれだけのSNSフォロワーがいるか)が高い人を示します。芸能人もこのインフルエンサーということになります。

なるべく多くの人に情報を伝えるときに効率的な手段となりますが、リーチ数が高くても、プロモーションしたい商品やサービスとの親和性や、インフルエンサーのファンの度合い(熱量)が低ければ、効果はほとんどなくなってしまいます。

そのため、アンバサダー且つインフルエンサーといえるインフルエンサーをアサインすることがインフルエンサーマーケティングに最も重要といえるでしょう。もちろん、大きな予算があれば、インフルエンサーにファンになってもらうことも可能ですが、費用対効果を求めようとすると合いにくいのがこのインフルエンサーマーケティングとなります。


アンバサダー・インフルエンサーマーケティングの具体的進め方

インフルエンサーを軸に進めるパターン

マイクロインフルエンサー

ターゲットを趣味・趣向などで限定せず、様々なマイクロインフルエンサーに対して、商品やサービスを体験しプロモーションしてもらいます。そのうえで、最適なターゲットを見つけ、その後にインフルエンサーマーケティングを行うことで失敗のリスクを最小化します。

第一ステップとして、インスタグラマーによるプロモーションは、インスタグラマー毎に所属しているコミュニティが異なるため、第一弾としては、訴求力が高まりやすいコミュニティ・ターゲットを見つけるため、幅広いインスタグラマーを対象に実施します。

訴求力が高まりやすいコミュニティ・ターゲットが明確化した後は、メジャーインフルエンサーなどを活用し、プロモーション効果の最大化を図ることが検討できます。※初回からメジャーインフルエンサーで実施する場合、ターゲットが外れ、ほとんど効果のない施策となるリスクがあります

アンバサダーを軸に進めるパターン

まずはアンバサダーを発掘します。アンバサダー発掘には、シンプルに既存顧客に対してアンケート等を行うことで発掘することができます。

「商品やサービスを知人や友人に薦めたいと思いますか」という質問で、解答について推奨の強さを「薦めない」から「強く薦める」までの11段階から選ぶ仕組みとします。この時に最も「強く薦める」とそのひとつ下を選んだ人たちを「アンバサダー」とする方法が一般的です。

この時、どのラインまでをアンバサダーの基準とするかは議論のあるところですが、推奨度合いが低い顧客をアンバサダーにしてしまうと効果が得られにくくなってしまうため、もし強く進めるの回答が得られなかった場合は、アンバサダーマーケティングを実施するために、商品やサービスの改善を進めるのが得策といえます。

また、アンバサダー発掘のためにアンケートなどでお客様に直接質問しなくとも、ソーシャルリスニングサービスを活用してアンバサダーの発掘を行うことも可能です。ソーシャルリスニングサービスについては、スナップレイス・モニターをご確認ください。


アンバサダー・インフルエンサー活用ならスナップレイス・タレント

スナップレイス・タレントでは、登録インスタグラマー1万名以上の日本最大級インスタグラマーネットワークを活用し、アンバサダー・インフルエンサーマーケティングから商品やサービスの改善提案まで、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら