インスタグラム運用代行料金相場と最低契約期間の縛り

Instagram運用代行の費用相場は、広告代理店を調査した結果、合計で月額20~60万円+初期費用0~30万円となっています。また、最低契約期間の縛りは1ヶ月~12ヶ月とまちまちです。代理店によっては撮影は料金に含めていなかったりするなど、なかなか料金の横比較が難しいという悩みをもたれている方も多いのではないでしょうか。

インスタグラム運用代行とは

インスタグラム運用代行とは、企業などのインスタグラムアカウントをノウハウが豊富な会社が代わりに運用するサービスです。具体的なサービスの内容は運用代行会社によって異なりますが、アカウント企画・設計からアカウント開設、投稿画像の撮影、投稿文案の作成、ハッシュタグの選定、運用レポート作成などを行います。自社でインスタグラム運用を行うよりも、専門的な知識を持った運用代行会社に運用を依頼する企業が多くなっています。

しかし、インスタグラム運用を行う際の業務範囲の広さ(撮影から分析まで)から、各社ごとの料金の横比較が難しいという現状があります。そこで、弊社ではインスタグラム運用代行サービスにいついて調査を行い、業務内容別の料金の相場と最低期間の縛りを調査しました。


インスタ運用代行の業務内容別・料金相場

ここではまず、Instagram運用に必要な実施内容を項目別に分け、それぞれの費用相場を比較していきます。

インスタ運用代行の初期費用(料金相場は0~30万円程度)

インスタグラム運用代行において初期費用を設定している会社もありますが、相場は0~30万円程度となっています。初期費用で何をしてもらえるかはしっかりと確認することが必要となります。

インスタ運用のコンサルティング(料金相場は月額10~30万円程度)

インスタ運用の企画立案・投稿テーマ決め・運用改善などのコンサルティング費用については、月額10~30万円程度となります。

インスタグラムの運用を行う際には、どういった投稿テーマで、どういった内容の投稿を実施していくかなどの企画立案と投稿テーマ決めが必要になります。基本的にはどこのインスタ運用代行会社も企画立案や投稿テーマ決めは業務内容に含まれていますが、その品質はしっかりと見極める必要があります。

きちんとデータにともづいてしっかりとした企画立案をしている会社か、または担当者のジャストアイディアベースで企画立案されている会社かを見極めることが重要です。インスタグラム運用は、データにともづいてしっかりと分析したうえで企画をしていくことで着実にフォロワーを増加させることができます。

また、運用報告や改善提案がどの程度の粒度で行われているかをしっかりと事前に確認することが重要です。各社報告レポートの詳細度合いはまちまちです。投稿ごとのいいね数、コメント数、保存数などの一覧やフォロワー推移だけに終わらず、しっかりとフォロー率の推移などの要因分解を行い、分析をしているかを確認することがポイントです。

インスタ投稿写真・動画の撮影と加工(料金相場は月額10~40万円程度)

インスタ運用において重要なのは、投稿する写真・動画のコンテンツクリエイティブとなります。料金は様々で、月額10~40万円程度1投稿当たりでは2,980円~30,000円と大きな幅があります。特に、最近では撮影した画像に文字入れ加工して情報コンテンツとして投稿案を作ることでエンゲージメントを高めることができますが、その文字入れもオプション料金となっているか、費用内で対応してくれるかなどを確認することは重要です。

なお、インスタグラムのフォロワーを増やすためには、プロフィールページに来たユーザーにフォローしてもらう必要があります。そのプロフィールページに並ぶ投稿画像の並びを最適化することはインスタグラム運用にとって非常に重要です。この並び順を重要視してしっかりと設計してくれる運用代行会社か否かはチェックするポイントとなります。

インスタ投稿のハッシュタグ選定・投稿文作成(料金相場は月額5~20万円程度)

インスタ投稿のハッシュタグ選定・投稿文作成では、料金は様々で月額5~20万円程度で、1投稿当たりでは2,000円~20,000円と大きな幅があります。

インスタグラム投稿のハッシュタグ選定は非常に重要なポイントです。ハッシュタグの選定だけの要因で、リーチ数は10倍以上も変わってくることはよくあります。すなわち、フォロワーの伸びでも10倍の差が生まれます。ハッシュタグの選定をしっかりと分析して行っているかをしっかりと確認した上で、料金と見合うかを確認することが重要で鵜。

インスタ投稿の投稿代行(料金相場は月額5~20万円程度)

インスタ投稿の代行では、料金は月額5~20万円程度が相場です。注意すべき点は土日祝日や夜の投稿に別途オプション費用がかかるかという点を確認することです。投稿内容によっては土日祝日や夜に投稿したほうがパフォーマンスが高まりやすいケースもあるため、そこで別料金を取られてしまうことがないかをしっかり確認しておくことが重要です。

インスタ広告新規リーチ(料金相場は月額5~50万円程度)

インスタグラムを新規に運用開始する場合、直近では運用している企業も増えてきているため、広告で新規リーチをしていくことが早期のフォロワー数増加のためには重要です。料金相場は、5万円~50万円程度となります。とくに料金を確認するときに重要なのが、広告実費が含まれているか否かという点です。広告を代わりに代行する代行費用だけで、実広告費が料金に含まれていない代理店が非常に多いため、しっかりと事前に確認しておきましょう。

インスタキャンペーン(料金相場は1回10~100万円程度)

インスタグラム運用で早期に成果を出すためには、インスタグラムキャンペーンを定期的に実施していくことがポイントです。キャンペーンの料金相場は10万円~100万円と非常に幅広くなっています。通常の運用は安いが、キャンペーンが非常に高いケースもあるため、キャンペーン実施費用も事前に確認しておくことが重要です。


インスタ運用代行の最低契約期間の縛り

次に、Instagram運用代行を依頼する際の最低契約期間の縛りについてみていきます。

インスタ運用代行の最低契約期間(相場は1~12ヶ月)

多くの会社がインスタ運用代行に最低契約期間を設けており、最も多いパターンが6ヶ月となります。次に3ヶ月、12ヶ月という順になっています。ほとんどが、インスタグラム運用は短期で成果が出にくいため、最低契約期間を設けていますという形ですが、成果以前にコミュニケーションがうまくいかずに運用がスムーズにいかないケースもあるため、最低契約期間は短いほうが良いに越したことはないので、しっかりと事前に確認しておくことがオススメです。運用に自信のある会社ほど、最低契約期間は短くなっています。


インスタ運用代行を依頼する際の注意点

運用代行を依頼する際にはいくつか注意点があります。

初期費用が発生する可能性がある

アカウント開設やコンセプト設計などの理由で初期費用を設けている会社もあるため、初期費用が発生するか否かを確認する必要があります。

広告を出稿する場合は別途費用が掛かる場合がある

広告を出稿してアクセスを増やす場合、月額10~30万円ほどの費用が追加で必要になる可能性があります。広告費も内包したプランか否かを確認しておきましょう。特に注意が必要なのが、広告代行費用は含まれているが、広告実費が含まれていないケースが非常に多い点です。しっかりと、費用比較の際にチェックしましょう。

最低契約期間の縛りがある場合がある

1ヶ月契約から可能な会社もありますが、多くの会社で6ヶ月や1年の契約期間の縛りがあります。インスタグラム運用は撮影から分析、日々の細かな運用まで会社との相性も非常に重要ですので、安易に長期契約を結ばないように注意しましょう。


代表的なインスタ運用代行会社の料金比較

インスタグラム運用代行各社のサービスメニューを横比較する際、各社ともに基本となるサービスメニューが異なり(撮影が含まれているか否かなど)ます。そのため、撮影のありなし、広告のありなし、キャンペーンのありなしで同一軸に絞って料金の比較を行いました。ぜひ参考にしてみてください。スナップレイスが費用、サービス内容共に最も優れていることが分かります。なお、最新の料金メニューについては下記に個別サービスページへのリンクも掲載しておりますので、情報元サイトでもご確認をお願いします。

スナップレイス sharecoto cin-group Cyber Buzz
最低契約期間 1ヶ月 6ヶ月 不明 不明
初期費用 0円 20~40万円 10万円~ 20万円~
運用代行(撮影なし) 12~20万円 30~60万円 22万円~ 35万円~
↑+撮影あり 20~30万円 50~80万円以上 32万円~ 70万円~
↑+広告あり 25~35万円 不明 34万円~ 不明
↑+キャンペーンあり 30~40万円 不明 不明 不明

インスタグラム運用代行のスナップレイス

最低契約期間:1ヶ月
初期費用:0円 コンセプトメイキング、アカウント開設、投稿画像軸決定、運用フロー構築
運用代行(撮影なし):12~20万円(5~15投稿)
運用代行(撮影あり):20~30万円(5~15投稿)
運用代行(撮影あり+広告あり):25~35万円(5~15投稿)
運用代行(撮影あり+広告あり+キャンペーンあり):30~40万円(5~15投稿)

スナップレイスのサービスページ

インスタグラム運用代行のsharecoto

最低契約期間:6ヶ月
初期費用:20~40万円 コンセプトメイキング、アカウント開設、投稿画像軸決定、運用フロー構築
運用代行(撮影なし):30~60万円(6~18投稿)
運用代行(撮影あり):30~60万円(6~18投稿)+20万円~(撮影費用)
運用代行(撮影あり+広告あり):30~60万円(6~18投稿)+20万円~(撮影費用)+広告費用
運用代行(撮影あり+広告あり+キャンペーンあり):30~60万円(6~18投稿)+20万円~(撮影費用)+広告費用(不明)+キャンペーン費用

sharecotoのサービスページ

インスタグラム運用代行のCin-group(Instagram ZERO)

最低契約期間:不明
初期費用:10万円~
運用代行(撮影なし):22万円~(投稿数不明)
運用代行(撮影あり):32万円~(8カット~)
運用代行(撮影あり+広告あり):34万円~(8カット~)
運用代行(撮影あり+広告あり+キャンペーンあり):34万円~(8カット~)+キャンペーン費用

Cin-groupのサービスページ

インスタグラム運用代行のCyber Buzz

最低契約期間:不明
初期費用:20万円~
運用代行(撮影なし):35万円~(投稿数不明)
運用代行(撮影あり):70万円~(投稿数不明)
運用代行(撮影あり+広告あり):70万円~(投稿数不明)+広告費用
運用代行(撮影あり+広告あり+キャンペーンあり):70万円~(投稿数不明)+広告費用+キャンペーン費用

Cyber Buzzのサービスページ


外注か内製か判断の目安

社内で運用するのか、外注するのか、一概にどちらが良いとはいえません。社内に画像撮影や画像加工が得意なスタッフがいる場合、またInstagramの個人アカウントで数万のフォロワーをかかえているスタッフがいる場合は、外注する必要性は薄いかもしれません。キャンペーンの実施などで追加で人手が必要になった場合のみ、依頼するかたちでも良いでしょう。また、インスタグラムツールを活用して運用を効率化し、社内で内製化してノウハウをためていく方法も考えられます。

Instagramアカウントで重要なのはアカウントの企画・設計です。アカウントをはじめるにあたり、まずはこの部分だけを外注し、運用してみて効果が出ない場合、コンサルのような形で外注するということでも良いでしょう。


インスタ運用や写真素材の用意などでお困りの方へ

1,000万フォロワー超の規模を持つ会員の中から、適切なインスタグラマーをインスタグラム運用代行、撮影代行にアサインします。また、スナップレイスが独自開発したインスタ運用・分析ツールなどもご提供しています。



インスタ施策の完全マニュアル無料配布中

スナップレイスでは現在、100ページ以上のインスタグラム施策完全マニュアルを無料配布中です。ぜひこの機会に完全マニュアルをゲットしてみてはいかがでしょうか?

インスタ施策の完全マニュアル資料請求(無料)



インスタグラムツール無料プラン

スナップレイスではハッシュタグ提案、競合のインスタグラムアカウント分析、インサイト分析機能まで、インスタグラム運用を成功させる業界No1の機能を持ったインスタグラム運用・分析ツールの無料トライアルや無料プランをご提供中です。スナップレイスのインスタツールをインスタグラム運用にご活用ください。

インスタツールの詳細無料プランを利用する