コスメの上手な撮影テクニック!年齢を意識して背景・小物に工夫しよう

コスメの上手な撮影テクニック!

コスメ撮影で重要なのは年齢を意識すること。そのためには背景や小物などに意識する必要があります。
一般的に若い世代はカラフルでポップな色合いを好み、大人の女性は落ち着いたシックな色合いを好むといわれています。狙うターゲットによって小物、色味などしっかりと使い分けましょう。

今回はコスメ撮影のテクニックをご紹介いたします。

コスメの撮影のポイント

コスメは対象年齢をしっかりと設定しなければ、ターゲットに全く刺さらない写真になってしまいます。

ターゲットによって価格帯も異なり、若い世代をターゲットとする場合は比較的リーズナブルに、大人の女性をターゲットにする場合はやや高級路線になるでしょう。
価格帯を写真で表現するには「副題」が非常に重要です。カジュアルな服と一緒にカラフルなコスメを写せば若い人がターゲットでリーズナブルな印象に。高級なジュエリーを一緒にし、モノトーンに仕上げれば高級な大人の女性がターゲットになります。
撮影・現像を行う際は、しっかりとターゲットを意識した背景、小物を用意し、現像の際にはターゲットに好まれる色味になるよう注意しましょう。

また、コスメの撮影で有効な手法は「シチュエーションを再現する」こと。商品が実際にどんなタイミングで使われるのかを写真で表現できると共感を得やすいのです。
例えば左から右に使うアイテムを並べて時系列を表現するというのもオススメの手法。シャンプー→トリートメント→コンディショナー→タオル→ヘアオイル→くし→ドライヤーのように並べると使用するシーンをよりイメージしやすくなりますよね。

なるべく使うシーンをイメージしやすい絵作りを行うのがオススメです。

日常を演出

化粧台の上などコスメが並んでいるイメージ
photo by AKARI

化粧台の上にコスメがずらりと並ぶ写真は「日常」を演出することが可能。ファンデーション、コンシーラーなどさまざまなコスメと共に、赤い口紅やチークなどを主題にすると、色の差が大きいため主題が明確になります。
作例では、主題の高級感を演出するため、副題もゴージャスに。キラキラとした印象の写真に仕上げると一気にゴージャス感が増しますよね。

作例の光は逆光ですがサイド光もオススメです。サイド光は陰影をつけやすいため、コスメの立体感を表現できます。特に陰影をはっきりつけると高級感を演出しやすいため、高級コスメのPRを行いたい場合は強めにサイド光をあてるとよいでしょう。

構図はさまざまな構図が選択可能。作例では対角線構図を採用していますが、日の丸構図でももちろんOK。赤色などのコスメをしっかりと目立たせたい場合は日の丸構図にし、赤色のコスメを中央に配置して周囲をモノトーンのアイテムで統一するのもオススメです。
作例では奥に鏡があるため、鏡をうまく使って奥行き感も表現しています。

現像する際、高級感を演出するなら彩度はある程度抑えめがベター。あまり彩度を上げすぎると若々しい印象になるため、大人の女性をターゲットにする場合は彩度を少し抑えめにしましょう。その分コントラストを強くすると陰影がはっきりするため、高級感が出てきます。

撮影ポイント

  • 主題・副題
    主題はコスメ
    副題は主題を際立たせる色合いのコスメ

  • サイド光(作例は逆光)
  • 構図
    日の丸構図(作例は対角線構図)
  • 現像
    彩度は低く、コントラストは高く陰影をつける

高級感を演出

夜景の前で化粧品を持っているイメージ
photo by 藤川由佳

高級感を演出する方法はまだあって、背景を工夫する、という方法もあります。

例えば作例のように背景を夜景(イルミネーション)にすると、グッと高級感が出てきますよね。写真からは、高級なホテルでこれから使うコスメ、というイメージを受けるでしょう。
シチュエーションをしっかりイメージさせられれば、高級感を出すことも可能です。

一眼レフで撮影する場合はF値をなるべく開放(f2.8〜f4.0程度)して撮影すると、照明などキラキラした景色が丸い玉のようになり、高級感を演出できます。
これは「玉ボケ」と呼び、街頭やビルの灯りであってもしっかりとレンズを開放してあげれば高級な景色になるのです。なかなか良い場所が見つからない場合は、ぜひ開放で撮影してみてください。
ただし、開放するとピントがシビアになるので、ピント合わせは慎重に。

撮影ポイント

  • 主題・副題
    主題はコスメ
    副題は夜景の玉ボケ

  • 逆光(夜景の灯り)
  • 構図
    日の丸構図(作例では三分割法)
  • 現像
    彩度を高めに

若々しさを演出

服とコスメが掲載。明るくポップな色合い
photo by ゆき♡

若い人をターゲットにする場合、写真全体から受ける色のイメージをポップにするのが定石です。明るく、ポップでカジュアルで元気なイメージに仕上げた方が、若い世代に届きやすい写真となります。
若い年代の女性が着そうな衣服を副題として添え、コスメを主題にしましょう。

現像の際は彩度を上げ、全体的に明るさを持ち上げ、明るい印象の写真にするのがオススメです。しかし、コントラストはあえて高くせず、平坦な印象に仕上げると全体的に統一感を出すことができます。

撮影ポイント

  • 主題・副題
    主題はコスメ(作例では衣服だが)
    副題は年代に合わせた衣服やバッグなど

  • サイド光
  • 構図
    日の丸構図
  • 現像
    彩度・明るさは上げる。コントラストはやや下げる

カラーによって季節を演出

彩度の高い若い人向けのコスメ
photo by ガブリエラ令子

コスメは季節限定パッケージなどを販売することもあるでしょう。しかし、必ずしもパッケージデザインが季節をイメージさせるものではありません。そんなときは、副題で季節感を演出しましょう。

季節をもっとも演出しやすいのが植物。作例ではコスメとともに花を添えることで季節感を演出しています。割とビビットな植物を選んでもOKですが、その場合はパッケージの色合いとの相性を考えましょう。パッケージの色と被っていると主題が沈んでしまう可能性があります。いくつか植物を用意し、組み合わせてみるのも良いかもしれませんね。

背景はなるべくシンプルなものがオススメ。主張の強い木目などよりは、大理石、柄のうるさくないフローリング、コンクリートなどが無機質なものがオススメです。

現像は鮮やかな植物は彩度を思い切って上げるのも良いでしょう。全体的に華やかな印象に仕上がり、季節限定パッケージの楽しさが伝えられるでしょう。
主題だけ別で明るさなどを調節し、副題との差がはっきりと出るよう、現像を行うのがポイントです。

撮影ポイント

  • 主題・副題
    主題はコスメ
    副題は季節感ある植物

  • トップライト
  • 構図
    日の丸構図
  • 現像
    彩度高く、商品はコントラストも高く

副題に高級感ある素材を配置

副題に高級感ある素材を配置
photo by CHISA

小物で高級感を演出する手法も有効な手法のひとつ。シンプルな白い背景の上にアイテムをバランス良く置けばそれだけで肩肘張らない高級感を演出できます。

主題を中心に副題をブランド品などやや高級なアイテムで揃えると一層高級感が出てきます。
高級なアイテムで揃える場合、どちらかというと大人の女性がターゲットになります。大人の女性をターゲットにする場合はシンプルで洗練されているというのも受け入れられやすい要素です。背景や小物などをうるさく置くのではなく、モノトーンでシンプルにまとめ、何もない真っ白な背景にすると洗練された印象になります。

撮影ポイント

  • 主題・副題
    主題を中心に副題である関連アイテムを配置

  • サイド光
  • 構図
    日の丸構図
  • 現像
    ハイライトとコントラストは高めに設定

コスメの写真撮影テクニックまとめ

コスメの撮影は現像次第でターゲットが大きく変わります。はじめにターゲットをしっかりと設定し、狙ったターゲットに届きやすい雰囲気の写真に仕上げましょう。


SNS運用や写真素材の用意などでお困りの方へ

150万件超の投稿、500万超のフォロワー規模を持つスナップレイス・メディア会員の中から、適切なインスタグラマーを発掘し、企業様のインスタグラム運用代行、撮影代行、インスタ映え施策など様々なソリューションをご提供しています。



インスタ施策の完全マニュアル無料配布中

スナップレイスでは現在、100ページ以上のインスタグラム施策完全マニュアルを無料配布中です。ぜひこの機会に完全マニュアルをゲットしてみてはいかがでしょうか?

インスタ施策の完全マニュアル資料請求(無料)