【保存版】インスタグラム「リール」で再生回数を上げる方法

Instagram のリール動画とは

リール再生回数アップ0

Instagramの人気機能【リール(Reels)】についてご存知でしょうか?

Instagramのリールとは、15秒の短い動画を閲覧・投稿できる共有機能となっており多数のエフェクト(フィルター)やBGMを取り入れることができます。

15秒の短い動画が基本となっていますが、この動画を繋ぎあわせたり編集もできるので今起きている出来事や気持ちをシェアすることが可能です。
  

TikTokとリール動画の違い

リール再生回数アップ1

若者に大人気となっている「TikTok」とこのリールはまた別物となります。まず、リールとTikTokの違いは【Instagramの機能】となっておりTikTokは【アプリ】になります。

最近Instagramの新機能として出てきたリールに対してTikTokは音源機能が充実しており動画に合わせた曲を選びやすいと言った特徴があります。

他にもリールとTikTokの違いとして大きくあげられるのが


 ・いいね数のフォロワー対比はリールの方が格段に多い
 ・投稿できるテキスト量がリールのが多い
 ・リールは表示できる場所を自分で選択して投稿できる
 ・リールにコラボ機能はない
 ・リールは他の人の再生回数を見ることができる

と言った違いもあります。

  

ストーリーズとは違う!リール動画の強みって?

リール再生回数アップ2

①リールは通常投稿よりも発見タブの画面占有率が高い

企業やユーザーにとって新規フォロワーやサービス向上のためにもっと認知されたいといった想いがあると思います。リールでは「発見タブ」というものがあり、この発見タブの画面所有率が多いことで有利とされています。

発見タブとはAIアルゴリズムにおいてユーザーのアクション(いいね、保存数など)から類似性のあるアカウントを特定し、選別された最もそのユーザーにとって最適とされた投稿を絞って表示してくれるものとなっています。

ですので、自身のフォロワー以外の方にも最適と思われる方に表示されるので新規フォロワーを獲得しやすいとされています。
  

②今よりも多くの層にリーチすることができる

ストーリーズは基本的にフォロワーが見れる機能となっています。

リールでは先述した通り発見タブに表示されたりスワイプするとその動画の関連動画が表示される仕組みとなっているので、より多くの層にリーチすることが可能です。

他にも企業は「専用タブ」を導入することができ、ショッピング機能を使っている投稿やブランドがユーザーごとに個々に変更されて表示されるためストーリーズのようにハイライトでまとめなくても商品やサービスを一覧で見ることができます。

実際にこのリールを使ってどれほど効果が出たのかもデータ確認ができるようになっていますのでこの辺りもストーリーズと大きく違います。
   

③キャプションやハッシュタグをつけることができる

リールは通常フィード投稿同様にキャプションやハッシュタグをつけることができます。

キャプションとは見出しや表題、説明文などを指しており、ハッシュタグはその内容に沿った単語を#をつけて取り入れること。この2つを動画と合わせて投稿することで自分が求める狙いたいターゲットにアプローチすることができます。

Instagram側としてもこのリール機能を重視していることがわかります。実際にホーム画面下のアイコンも中央に置いてあり主軸としていきたいのが読み取れます。

そしてリール機能に最近「ショッピング機能」も追加されたことでユーザーは動画を視聴し気になった商品をその場で購入できるようになりました。

企業が利用するにあたり大きなメリットになり、お店やオンラインサイト以外にInstagram内での購買を大きく伸ばすこともできるので導入するところも増えてきています。

  

再生数をUP!Instagramのリール動画おすすめに表示される方法

リール再生回数アップ3

Instagramのリール動画をつくる時に取り入れるべき要素

リール動画をただ作るよりも見てくれた方に影響を与えるような取り入れた方がいいポイントを押さえておきましょう。

積極的に取り入れるべきなのは「明るく・楽しい動画」。中でも「刺激的」「新体験」「クリエイティブ」なものがおすすめです。

他にも縦向き動画のがいいと言われています。リールは基本的にスマホを縦にした状態で見るので合わせた方が有利とされています。
  

リールを伸ばすコツ①リール投稿後はフィードにシェアする

リール後フィード投稿するのとしないのとでの閲覧認知数は数百倍~数千倍と大きく変わってきます。

フィード投稿を改めて作成することはなくリール投稿する際に「一緒にフィードにシェアする」ボタンを押すだけです。

これでほぼ同じタイミングで投稿することができますが動画によっては真ん中だけ切り取られて投稿されてしまうことがあるので要注意。その際はサムネイルを別で設定することができますので差し替えてください。
  

リールを伸ばすコツ②リール投稿後はストーリーズへシェアする

フィード投稿は基本的にアカウント内に残るものですが、人によってはフィード投稿は見ずに基本的に見やすいストーリーズしか見ないという人もいます。

そしてフォロー数が多い人にとってはフィード投稿は新しいものがどんどん表示されるので見ずに終わってしまうことも…。このことから、ストーリーズの配信数を確保することでよりリーチ数を獲得することができます。
  

リールを伸ばすコツ③ターゲットに最適なトレンドの音源を取り入れる

流行っている音源やテンポのいい音源など「ターゲット層に響きそうな音」を取り入れることも効果が大きいと言えます。

TikTokでも動画に合わせた音源の相性がいいと飛躍的に伸びます。いわゆる【バズり】として伸び率がグンと上がることを期待できます。
  

リールを伸ばすコツ④ 最初の「3秒」を意識して惹きつける

リールは縦型で見るのですが簡単に情報を見られる分、簡単に離脱されてしまうことも懸念されます。そのため最初の3秒で動画に惹きつけるといった意識が重要です。

ユーザーに面白そう、これはなんだろうといった気になる動画として惹きつけることが重要ポイントと言えます。
  

リールを伸ばすコツ⑤保存したい、もう一度見たいと思わせる

リールを見ていてユーザーがもう一度見たい、保存しておこうと思わせるのも大事です。保存されやすい動画=なんども見たい動画となるので再生回数がその分プラスされます。

この保存数ですがInstagramを利用している中でも非常に大事な指標となっていてフィード投稿だと保存数が見られますが、リールでは保存数の確認ができません。フィード投稿での保存数が多ければ同時にリールの保存数も多くなっている可能性は高いと言えます。
  

リールを伸ばすコツ⑥展開やカットをつけ速いテンポを意識する

ショートムービーのリールではテンポの良さにも気をつけましょう。ゆっくりと長々話していたり、動きのない内容のリールはすぐ次に飛ばされやすいので興味を引くような動画を意識してみてください。難しい動きなどは不要です。

展開やカットを早く素早く、動きをつけた動画にすることで面白みがあると思われ最後まで見てもらう率も高くなります。
  

リールを伸ばすコツ⑦「起承転結」に沿った内容で作る

リールは15秒~30秒程度のショートムービーになり、最初の掴み3秒も大事ですがきちんとストーリーになっていることも伸び率UPのポイントになります。

物語になっていないものだと内容が頭に残らず保存されることも少ないので、きちんと「起承転結」する内容にしましょう。

他にもリールは動画を見ている途中で長押しするとその場面でストップすることができ、このストップする行為をうまく利用して楽しませる作りも効果的と言えます。
  

視聴完了率には注意しよう

視聴完了率とは、「最後までリール動画が見られている率」を表しています。

TicTokではこの視聴完了率で動画が評価され、見ているユーザーにリールで表示されるかされないかが基準の1つとされています。

ただリールが再生される回数だけではなく、途中離脱されないように防ぐことも重要と言えます。
  

プロフィールを充実させ整える

気になったリールがあったとしてそのアカウントをフォローする際、プロフィールの記載がないとどんなアカウントなのかどんな傾向のものなのかなど判断材料にかけてしまう事でフォローされない場合があります。

プロフィールを閲覧して趣味が一緒だったり、好みが似ていたりなど共感できるものが少しでもあればフォローしたい気持ちを後押ししてくれるのでなるべく充実させましょう。
  

毎日ではなくても定期的にリール動画を投稿する

リールの再生数UPするにあたり定期的に更新するのは効果的です。毎日になると難しいと感じてしまいがちですが、定期的にリールをあげる事で検索から現段階でフォロワーでない人たちの目に動画が止まる回数が必然的に増えます。

フォロワーでない人たちが動画を気に入ってくれれば過去のリールも覗いてくれることがあるので全体の再生回数を増やすことができます。
  

リール動画の再生回数を2倍以上上げる3つのポイント

リール再生回数アップ4

①離脱率を下げる動画作りで再生回数をUP

リールをただ作ってUPするだけでは伸び率は上がらず再生回数を増やすことも困難です。たくさんの方にオススメリールとして表示され、さらに最後まで再生してもらうよう動画作りを意識するのが大切です。

再生回数が伸びている動画の特徴としては、最後まで見られている、テンポがいい、明るい、楽しいといった要素が含まれています。最初の3秒で惹きつけるのと同様パッと見て面白そうと思えるような「サムネイル」や「文章」にも配慮するとより魅力的なリールとして目を惹くことでしょう。
  

②実は大事!ターゲットが見ている時間帯に合わせて投稿する

とてもいいリール動画を作れたとして、内容がよければ再生回数も増え伸び率もグンと上がります。さらに意識したい点として大事なのが、自身がアピールしたいリール動画のターゲット層がInstagramをいつ見ているか?を考えることです。

リールの投稿時間によってさらに再生回数が伸びる可能性があるので、なるべく時間帯を絞って投稿するように意識してみてください。これはリール投稿だけに限らず、フィード投稿やストーリーズ投稿も同様でアクティブユーザーの動きを予想することで再生回数や保存率、閲覧率も変わってきます。
  

③ハッシュタグはフィード投稿と違いリールの再生回数を伸ばす重要要素ではない

リール投稿するにあたって、ハッシュタグを複数つけることができます。ハッシュタグをつけることで普通にリール投稿するよりもタグ検索でヒットしやすいのですが、ボリュームが大きいもの一つでいてボリュームの少ないハッシュタグでは表示されない可能性が高いです。

ですのでハッシュタグをつけることで通常よりも再生回数をあげることができなくはないのですが、トップ表示されない限りは大きな再生回数はそこまで見込めません。

フィード投稿ではハッシュタグは有効とも言えますが、リール投稿に関してはこういった点から飛躍的に伸び率を出すのにハッシュタグは重要要素ではないことがわかります。
  

参考にしたいInstagramの人気のリール動画を見てみよう

リール再生回数アップ5

言葉で誰が見ても楽しめる、BGMとの相性が良い、驚きや意外性のあるといった内容はなかなか想像がつかず難しく感じるかもしれません。

実際に日本のクリエイターが作った人気リール動画を参考にしてみてください。

  

再生数ダウン!?Instagramのリール動画が伸びない&おすすめ表示されない理由

リール再生回数アップ6

作ったリール再生回数がなかなか伸びない、おすすめ表示にも出てこない。リール動画を作成してこういった悩みが出てくるかと思います。

その原因として多いのが「Instagramから推奨されていない要素を含んでいる」こと。こういった要素があるとリール専用タブや発見タブでもおすすめ表示されることが少ないのでアプローチが少なくなります。

よってたくさんの方の目に触れる機会が減少してしまい、リール動画の再生回数が伸びづらい現象が起こってしまいますのでInstagramで推奨されていない要素に触れていないかどうかは事前にチェックしておくのがおすすめです。


インスタグラム分析ツール

インスタ運用や写真素材の用意などでお困りの方へ

1,000万フォロワー超の規模を持つ会員の中から、適切なインスタグラマーをインスタグラム運用代行、撮影代行にアサインします。また、スナップレイスが独自開発したインスタ運用・分析ツールなどもご提供しています。



インスタ施策の完全マニュアル無料配布中

スナップレイスでは現在、100ページ以上のインスタグラム施策完全マニュアルを無料配布中です。ぜひこの機会に完全マニュアルをゲットしてみてはいかがでしょうか?

インスタ施策の完全マニュアル資料請求(無料)



インスタグラムツール無料プラン

スナップレイスではハッシュタグ提案、競合のインスタグラムアカウント分析、インサイト分析機能まで、インスタグラム運用を成功させる業界No1の機能を持ったインスタグラム運用・分析ツールの無料トライアルや無料プランをご提供中です。スナップレイスのインスタツールをインスタグラム運用にご活用ください。

インスタツールの詳細無料プランを利用する