Instagram クリエイターアカウントまたはビジネスアカウントの設定方法

Instagramには、個人アカウント以外にもビジネス用の「プロアカウント」があります。企業やお店が、自社の集客や宣伝のためにプロアカウントを導入してInstagramを利用している場合も多くなってきました。

プロアカウントには企業向けの「ビジネスアカウント」と個人のインフルエンサー向けの「クリエイターアカウント」の2種類があります。

個人アカウントからプロアカウントに切り替えることで様々な機能が利用できるようになるため、企業だけでなく個人のクリエイターの方にもおすすめです。

この記事では、クリエイターアカウントを中心にプロアカウントの説明や、設定方法などをご紹介します。

クリエイターアカウント_top

Instagramのクリエイターアカウントとは?

ビジネスアカウントは企業や小売店、ブランド向けのアカウントですが、クリエイターアカウントは著名人・アーティスト、インフルエンサーなどのクリエイター向けアカウントです。

クリエイターアカウントには、ゲーマーやシェフ、ブロガー、政治家などさまざまなカテゴリがあり、ビジネスアカウントに該当するカテゴリがなかった方も利用することができます。

クリエイターアカウントに切り替えると、個人アカウントにはない便利なツールを使用できるようになります。

フォロワー数に関係なくクリエイターアカウントに切り替えることができますので、該当するカテゴリがある方はぜひ設定してみてください。


Instagramのクリエイターアカウントはどのような人におすすめ?

クリエイターアカウントはその名の通りクリエイティブな活動をしている方向けのアカウントです。ビジネスをしている方や個人で活動している方など誰でも利用できますので、自身のクリエイティブな活動をInstagram上で宣伝したい方におすすめです。

クリエイターアカウントでは「DJ」「フォトグラファー」「デジタルクリエイター」などより具体的なカテゴリが選択できるようになっています。


Instagramのクリエイターアカウントのメリット

クリエイターアカウントに切り替えると、個人アカウントではできなかったことがいろいろできるようになります。

1.予約投稿ができる
2.インサイト(分析ツール)を利用できる
3.プロフィールに「電話」や「メール」を表示できる
4.アカウントにカテゴリラベルを設定できる
5.ダイレクトメッセージのフォルダ分けができる
6.ショッピング機能(ShopNow)が利用できる


1.予約投稿ができる

クリエイターアカウントに切り替えてクリエイタースタジオと連携すれば、アプリやPCで投稿の予約ができます。まとめて投稿を予約しておくと、指定の日時に自動で投稿できる大変便利な機能ですので、ぜひ活用してみてください。

2.インサイト(分析ツール)を利用できる

インサイトは投稿の分析ができる機能で、投稿への反応やフォロワーの属性などの詳細データを確認することができます。Instagramアカウントのマーケティングに役立つツールです。

3.プロフィールに「電話」や「メール」を表示できる

クリエイターアカウントに切り替えると、プロフィールに「電話」や「メール」を表示できるようになります。連絡先を表示することでユーザーからの反響を得やすくなります。一方で個人ブロガーなど個人情報を公表したくない場合は、連絡先を非表示にすることもできます。

4.アカウントにカテゴリラベルを設定できる

クリエイターアカウントに切り替えると、「アーティスト」や「ライター」など41種類ものカテゴリからラベルを表示することができます。表示したくない場合は非表示にすることもできます。

5.ダイレクトメッセージのフォルダ分けができる

クリエイターアカウントでは、ダイレクトメッセージを「メイン」と「一般」という2種類のフォルダに振り分けることができます。ビジネスに重要なDMを効率よく管理することができます。

6.ショッピング機能(ShopNow)が利用できる

以前はショッピング機能(ShopNow)はビジネスアカウントでしか使用できませんでしたが、2020年7月9日以降はクリエイターアカウントでもショッピング機能を利用することが可能となりました。これによりクリエイターアカウントでもインスタグラムで商品を販売することができます。


Instagramのクリエイターアカウントのデメリット

・アカウントを非公開(鍵アカウント)にできない

クリエイターアカウントのデメリットは、アカウントを非公開(鍵アカウント)にすることができない点です。非公開にしたい場合は、個人アカウントに戻すことで非公開にすることができます。

デメリットよりメリットの方が明らかに多いので、あまりデメリットを気にする必要はありません。クリエイターアカウントにした後でも、簡単に個人アカウントに切り替えられます。


ビジネスアカウントとの違い

ここではクリエイターアカウントとビジネスアカウントの違いを説明します。

クリエイターアカウント08

①アクションボタンの表示有無

ビジネスアカウントではプロフィールに「電話をする」「メール」「道順」「予約する」などユーザーが企業のアカウントへ直接連絡できるアクションボタンを設置することができます。一方クリエイターアカウントは「電話」と「メール」のみとなります。実店舗へ集客したい場合は、「道順」や「予約する」ボタンを設置できるビジネスアカウントがおすすめです。

②カテゴリの種類

クリエイターアカウントとビジネスアカウントではカテゴリの数と種類が違います。クリエイターアカウントは41種類、ビジネスアカウントは7種類と大きな違いがあります。

【クリエイターアカウントのカテゴリ(41種類)】
DJ/Fitness Trainer/アーティスト/インテリアデザインスタジオ/ウェブデザイナー/グラフィックデザイナー/ゲーマー/ゲーム動画クリエイター/コメディアン/コンサートツアー/シェフ/ジャーナリスト/スポーツ選手/ダンサー/デザイナー/デジタルクリエイター/ニュース司会者/ファッションデザイナー/ファッションモデル/フィットネスモデル/ブロガー/プロデューサー/ミュージシャン・バンド/モチベーショナルスピーカー/ライター/映画の登場人物//映画監督/音楽家・ミュージシャン/科学者/監督/コーチ/起業家/建築デザイナー/公人・著名人/写真家・フォトグラファー/政治家/政治関係者/著者、動画クリエイター/俳優/編集者/立候補者

【ビジネスアカウントのカテゴリ(7種類)】
個人ブログ/商品・サービス/芸術・技術/ミュージシャン・バンド/ショッピング・小売り/健康・美容/食料品店

上記2点がクリエイターアカウントとビジネスアカウントの違いとなります。


クリエイターアカウントおよびビジネスアカウントの設定方法

クリエイターアカウントもしくはビジネスアカウントの設定方法を説明します。

①Instagramのプロフィール画面から右上の「三」をタップする

クリエイターアカウント01

②一番下の「設定」をタップする

クリエイターアカウント02

③「アカウント」をタップする

クリエイターアカウント03

④一番下の「プロアカウントに切り替える」をタップする

クリエイターアカウント04

⑤プロアカウントの説明画面が出るので「次へ」をタップする

クリエイターアカウント05

⑥「カテゴリを選択」画面で好きなカテゴリを選択する

クリエイターアカウント06

⑦カテゴリラベルをプロフィール画面に表示するかどうかを選択し、完了ボタンをクリックする

クリエイターアカウント07

⑧「クリエイター」か「ビジネス」かを選択し「次へ」をタップする

クリエイターアカウント08

以上でプロアカウントの設定は完了です。

設定した情報は「プロフィールを編集」画面でいつでも変更することができます。


まとめ

今回はクリエイターアカウントとビジネスアカウントについて解説しました。プロアカウントに変更することで、インサイトやクリエイタースタジオなどのインスタグラム運用に役立つツールを利用することができます。

プロアカウントに変更した後でも、簡単に個人アカウントに切り替えられますので、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。


インスタ運用や写真素材の用意などでお困りの方へ

1,000万フォロワー超の規模を持つ会員の中から、適切なインスタグラマーをインスタグラム運用代行、撮影代行にアサインします。また、スナップレイスが独自開発したインスタ運用・分析ツールなどもご提供しています。



インスタ施策の完全マニュアル無料配布中

スナップレイスでは現在、100ページ以上のインスタグラム施策完全マニュアルを無料配布中です。ぜひこの機会に完全マニュアルをゲットしてみてはいかがでしょうか?

インスタ施策の完全マニュアル資料請求(無料)



インスタグラムツール無料プラン

スナップレイスではハッシュタグ提案、競合のインスタグラムアカウント分析、インサイト分析機能まで、インスタグラム運用を成功させる業界No1の機能を持ったインスタグラム運用・分析ツールの無料トライアルや無料プランをご提供中です。スナップレイスのインスタツールをインスタグラム運用にご活用ください。

インスタツールの詳細無料プランを利用する