インフルエンサーが商品を魅力的にPRできた成功事例8選

SNSで数多くのフォロワーを獲得している「インフルエンサー」は、情報発信する際、多くの人に影響を与えています。
近年、企業はインフルエンサーに依頼し、自社製品や自社そのものをPRしたり、マーケティング活動したりする「インフルエンサーマーケティング」を積極的に行っています。

2019年3月28日に発表された株式会社デジタルインファクトの調査によると、インフルエンサーの市場規模は2018年は219億円でしたが、2023年には509億円、2028年には933億円と、活発な成長が見込まれています。
2017年には175億円だったことを考えると、マーケットは急成長しているといえるでしょう。
同調査によると、2018年のチャネル別内訳は

  • YouTube … 85億円(約39%)
  • Instagram … 59億円(約27%)
  • ブログ・twitter … 50億円(約23%)
  • そのほか … 25億円(約11%)

とのこと。

また、どのような商品をPRするかで媒体は使い分けられています。
YouTubeではスマートフォンやパソコンのアプリ、子ども向けおもちゃや学習用商品、家電、エステ、コスメなど、どちらかというと0歳代~20代をターゲットにしたPRが行われています。
Instagramでは数多くのフォロワーを獲得している「人気インスタグラマー」を起用し、20代、30代の女性をターゲットにブランド、商品、サービスなどのプロモーションが積極的に行われています。

最近では10代、20代の若者に人気な「TikTok」や、ライブ配信サービスなど、新たなプラットフォームも登場しており、比較的情報感度の高い人へ向けてこれらのプラットフォームを活用したプロモーションも活発になってきています。
新たなプラットフォームの拡大や既存プラットフォームのユーザ増加もあり、今後も企業マーケティング活動にこれらのプラットフォームは利用されていくだろう、と予想されているのです。

インフルエンサーを活用し成功したマーケティング

とはいえ、闇雲にインスタグラマーやYouTuberを活用しPRしてもうまくいきません。
インフルエンサーを活用したプロモーションは当たれば効果も大きいですが、すべてのプロモーションがあたっているわけではないのです。

数年前から企業の広告ではないように振る舞い、影響力のある人に商品やサービスをPRさせる「ステルスマーケティング」が問題視されています。
モデルやタレントが宣伝ではなく個人の感想のように、「最近これを使って調子がいい。みんなも使ってみて」などとブログやtwitterなどで宣伝している様子が散見されていました。

これらは「ステマ」(=ステルスマーケティング)と呼ばれ、良くない宣伝方法、という意識がある人が多くいます。
きっかけとなったのは「ペニーオークション」というサービスで安く商品を手に入れられたと宣伝した「ペニオク事件」でしょう。
実際には芸能人が業者から謝礼を受け取り、落札していないのにあたかも落札したかのように振る舞い、ブログで「オススメ」とPRしたことが問題視されたのです。

連日テレビで報道されたことから、日本人の多くが「良くないこと」というイメージを持ったことでしょう。
そのため、最近では広告の場合、あらかじめ「#PR」というハッシュタグをつけるのが一般的。
インスタグラマーやYouTuberなどにPRを依頼する際は、ハッシュタグ漏れがないように注意したいですね。

今回は、ファッション、メディア、小売、美容・化粧品、飲料、食品、電子機器にしぼり、PRの成功例をご紹介いたします。
企業がインスタグラマーを活用し、商品をPRしている例や、インスタグラマーに人気のブランド、Instagramで受けやすい商品やサービスのPRのヒントになると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

1.ファッション × インスタグラマー「GU」

人気のファッションブランド「GU」は、プチプラ(=プチプライス。安価でお値打ち価格)で、トレンドをしっかりと抑えたコーディネートを次々と発表しています。

ファッション業界で活躍するモデル達であれば、当然素敵にを着こなすことはできるのでしょうが、実際にGUの服を買い、利用するのは一般の方々です。そのためGUではInstagramのフォロワー数が多い、一般のユーザーにPRを依頼しています。
親近感のわく人が服をオシャレに着こなす様子は、自分が服を着たイメージに近いため、服の販売につながっているようです。

実際に数多くのインスタグラマーがGUの服のトータルコーディネートをInstagram上にアップしています。

はるる(@haruru0724) さんなど、雑誌等で活動される実際のモデルはもちろん、Instagram上で活動するモデルも、GUのアイテムを使ったコーディネートを多数掲載中です。

はるる(@haruru0724) さんInstagramより
はるる(@haruru0724) さんInstagramより

米井 遥加(@rabbit____2)さんらもGUのアイテムを使ったコーディネートをアカウント内で掲載し、その着こなしはGUのオフィシャルアカウントでも取り上げられています。

GU(@gu_for_all_ ) 認証済みInstagramより
GU(@gu_for_all_ ) 認証済みInstagramより

「同じコートが欲しくなった」など投稿には多くのコメントがついています。
ただ投稿して終わりではなく、コメントでの会話も積極的に行っているのが印象的で、着用サイズを尋ねたりするなど、双方向なやり取りができるSNSでならではのマーケティングだといえるでしょう。

子どものコーディネートなども多数掲載されているので、どのようなPRの手法か気になる方は「#GUstyle」をチェックしてみましょう。

2.メディア × インスタグラマー「ViVi」

流行やオシャレを先取りするファッション雑誌もインスタグラマーを活用しています。雑誌に登場するモデルの私生活が気になる人は多いものです。

viviの専属モデル、そして[ViVigirl]として活躍している牧野桃美さんは、Instagramでのオシャレな写真の数々でも人気を集めています。
牧野桃美さんは1993年生まれの京都府出身で、芸能事務所サンミュージックに所属し、モデルとして活動しています。
また、ダイエット検定の資格を持っていることでも知られています。

牧野 桃美(@momomi_makino) さんInstagramより
牧野 桃美(@momomi_makino) さんInstagramより

牧野さんは写真だけでなく、動画も多数投稿しています。雑誌の付録などを動画でPRすることで、雑誌の販売促進につなげています。
なかでも人気はメイク動画で、雑誌やテレビなどで活躍するモデルがどのようなメイクをしているのか映像でわかりやすく見ることができるので、女性から大人気です。

[ViVigirl]はファッション誌「ViVi」公認のインフルエンサーチームで、発信力のあるモデルを多数抱えることで、若い女性をターゲットとした商品のPRなどを行っています。
現在は51名(総フォロワー数160万人以上)が商品のリアルな魅力を発信中です。

PR価格はInstagramポスト10万リーチ保証で50万円(3~5名起用)、20万リーチ保証で80万円(5~8名起用)、30万リーチ保証で100万円(8~15名)と紹介されています。自分でインフルエンサーを探し、アタックしなくとも、プロダクション形式なので発注の手間が少ないのは嬉しいポイントではないでしょうか?

3.メディア × インスタグラマー「ヨムーノ」

女性向けファッション誌以外にも、不動産・住宅売買情報サイト「オウチーノ」が運営する、暮らしのトレンド情報を配信するメディア「ヨムーノ」もインフルエンサーを活用中です。

2017年10月にリニューアルし、その後1年間で月間ユーザ数が50倍となる500万を突破しました。そして2019年1月には680万人になるなど、成長を続けているWebメディアです。
生活情報メディアは多数ありますが、今勢いのあるサイト「ヨムーノ」はどのような戦略でユーザを獲得していったのでしょうか?

ヨムーノが重視しているのは生の情報を提供する「情報提供者」です。
整理収納アドバイザーや、管理栄養士など暮らしでも役立つ資格を持つ人、そして強烈なこだわりがある人をライターとし、リアルな情報を記事として提供しています。
そして「忙しい女性」が「今と未来を楽しく賢く生き抜く」ための情報を提供するサイトとなりました。

また、「ヨムーノメイト」という「暮らしの達人」のインスタグラマー組織も立ち上げています。
170人以上のインスタグラマーがヨムーノメイトに参加しており、トレンドの暮らしの情報を多数発信しています。

ヨムーノ(@ouccino.jp) 公式Instagramより
ヨムーノ(@ouccino.jp) 公式Instagramより

4.小売り × インスタグラマー「無印良品」

無印良品は、飾り気のないシンプルなプロダクトは、ナチュラルでシンプルな暮らしがしたい人にとって人気ですよね。
しかし、あまりにもシンプルなため、センスよく配置することがとても重要です。
Instagram上には無印良品のプロダクトを使用し、散らかりがちな子どものおもちゃなどをキレイに収納するポストなどが人気です。

まどなお(@itsudemo_home) さんInstagramより
まどなお(@itsudemo_home) さんInstagramより

この投稿では無印良品で販売されている収納ケースを使い、散らかりがちな暮らしに必要なものを収納している様子を紹介しています。
数多くのコメントがついているので、しっかりと双方向でのやり取りをされていますね。

tama(@tama.living) さんInstagramより
tama(@tama.living) さんInstagramより

こちらの方の投稿では、無印のポリプロピレンケースを利用した収納が紹介されています。お洋服がきっちりと収納されている様子はとても美しいですよね。
この方の投稿は人気で、さまざまな投稿に対し「同じ収納でどうしてこんなに違うんだろう?」「同じ収納を買います!」というコメントが多数寄せられています。
実生活の中で、整理整頓されかつオシャレに使っている様子を見せることが、商品販売につなげるポイントなのかもしれません。

5.美容・化粧品 × インスタグラマー「CANMAKE」

今では企業がFacebookページ、YouTube、Instagram、twitterアカウントを持っているのは珍しくありません。
特にサービスを提供していたり、商品を販売する企業にとって、一般顧客の目に触れやすいこれらのSNSはぜひとも活用したいところです。

プチプラ化粧品を販売している「CANMAKE TOKYO(キャンメイク)」はInstagramを上手に活用している企業のひとつで、10代後半から20代女性をターゲットにInstagramで積極的に情報発信を行っています。

キャンメイク(@canmaketokyo) 公式Instagramより
キャンメイク(@canmaketokyo) 公式Instagramより

こちらはコンシーラーを紹介している公式アカウントによる投稿です。適当に写真を撮るのではなく、しっかりと可愛らしく撮影しているのがポイントで、投稿には使い方もしっかりと記載されています。
キャンメイクの投稿はただ商品を見せるだけでなく、実際にどのように使えばよいのかまでを丁寧に解説しています。
ドラッグストアなどで手軽に入手できるキャンメイクだからこそ、使いやすさ、手軽さをアピールする投稿が多く、Instagram上からファンを獲得しています。

空山 菜摘(@natsumi_sorayama) さんInstagramより
空山 菜摘(@natsumi_sorayama) さんInstagramより

美容ライター・コスメコンシェルジュ大人気のインスタグラマーくうにゃんこと空山菜摘さんなど、様々な情報を発信してくれるインフルエンサーとのコラボも有名です。

6.飲料 × インスタグラマー「サントリー」

サントリーは料理研究家の「higuccini」さんを起用し、料理と飲み物のおいしい組み合わせを提案しています。

Masaki Higuchi(@higuccini) さんInstagramより
Masaki Higuchi(@higuccini) さんInstagramより

人気インスタグラマーでもある樋口さんの餃子の写真は、カリカリの焦げ目が本当においしそうです。

このような美味しそうな料理写真の撮り方を丁寧に解説したサイトを開設し、わかりやすく、順を追ってしっかりと書かれています。人気の投稿をしたい! という方には参考になりますね。
また、サントリー公式Instagramアカウント(@suntory_jp)でも、合わせて商品の紹介やキャンペーンが行われています。

7.食品 × インスタグラマー「セブンスイーツ」

セブン-イレブン・ジャパンは2018年7月10日、年間報酬711万円で同社のスイーツの魅力をSNSはで発信する「大使」を任命しました。
インスタグラマーなどインフルエンサーがSNSに投稿することで、店舗での購買につなげる目的があります。

「ドリームセブンスイーツアンバサダー」と名付けられたスイーツ対しは2019年7月10日まで1年間、週1回のペースでセブンのスイーツの画像やコメントをSNSとに投稿することが業務内容です。

この試みは大きな話題を呼び、全国から約2万5,000人に応募がありました。
選ばれたのは兼業主婦の女性インスタグラマー、saaさん。
商品だけでなく、断面やさまざまな角度から撮影した写真を投稿しています。

saa💋(@haruru0724) さんInstagramより
saa💋(@haruru0724) さんInstagramより

saaさんは、コンビニスイーツ写真をポップにまとめて、Instagramで紹介されています。

8.電子機器 × インスタグラマー「GoPro」

「GoPro」は過酷な環境でも使えるアクションカメラとしてテレビ局などでも使用されている高性能カメラで、アクティビティや旅行をを楽しむ人からも人気のカメラです。

🌞 M A A K O🌛(@maakomind) さんInstagramより
🌞 M A A K O🌛(@maakomind) さんInstagramより

思わず旅に出たくなるような、数多くの美しい旅行写真の投稿をしているmaakomindさんはGoProファミリーとして、企業からGoProが提供されているそうです。

🌞 M A A K O🌛(@maakomind) さんInstagramより
🌞 M A A K O🌛(@maakomind) さんInstagramより

実際の旅行でGoProを活用した写真や映像を投稿してくれることで、よりPRにつながるという判断でしょう。
GoProのような商品は実際に使用した様子がわからないと売れないもの。
だからこそ、発信力がある人が実際に使用し、使用感や映像のきれいさを発信することが有効だといえるでしょう。

SNSによって発信の方法は様々ですので、自社の商品やサービスに合わせて最適な発信方法を選びましょう。


インスタ施策の完全マニュアル無料配布中

スナップレイスでは現在、100ページ以上のインスタグラム施策完全マニュアルを無料配布中です。ぜひこの機会に完全マニュアルをゲットしてみてはいかがでしょうか?

インスタ施策の完全マニュアル資料請求(無料)