アクセサリーのインフルエンサーマーケティング事例10選

ミレニアル世代へのアプローチは各社苦戦しています。さまざまな業界を急速に衰退させていると言われており、ミレニアル世代はあまり消費をしない世代だ、と認知されています。なかでも衰退に近いと言われているのがジュエリー業界。だからこそ、ジュエリー業界はInstagramの活用に力を入れ始めています。

アクセサリー購入の消費者行動に大きな影響を与えるのが、SNSなどに口コミ。なかでもインフルエンサーと呼ばれる多くのフォロワーを抱える、影響力・発信力のあるユーザーの投稿は、一般消費者目線からの投稿ということもあり、共感を得やすい、という特徴があります。

実際にInstagramなどのSNSプラットフォームでは、影響力のあるインフルエンサーが日常的に利用していたり、着用した商品が販売に結びついている、という事例も多いことから「インフルエンサーマーケティング」を活用しているブランドも多いのです。

フォロワー数が1,000から10万ほどのファッション系のインスタグラマーは、ある程度ファッションの系統を決めて投稿を行っているため、フォロワーはファッション系インスタグラマーのファッションを参考に服などを購入しています。自分好みのファッションをしているインスタグラマーが着用しているアクセサリーもファッションアイテムとして同様の傾向があるのです。インスタグラマーの投稿は、エンゲージメント獲得率が高いことから、企業はインフルエンサーを起用し、プロモーションを行っています。

最近ではインフルエンサーとコラボした商品を販売するブランドもあるので、インフルエンサーの影響力はかなりあるのだろうと考えられます。今回はインフルエンサーを活用した化粧品のプロモーションを見ていきましょう。

インフルエンサーとのコラボ商品

1.THE KISS × インフルエンサー「サキ吉」さん

サキ吉(インフルエンサー)×THE KISS コラボジュエリー
【Fan Fun MARKET】公式サイトより

コラボ・ライセンス専門サイト「FanFun MARKET」は、2019年2月1日(金)から、インフルエンサー「サキ吉」さんとジュエリーブランド「THE KISS」でコラボジュエリーの受注販売を開始しました。

サキ吉さんは人気インフルエンサーで、JSAアイシングクッキー認定講師。モデルのほか、やYouTuberとしても活躍しています。サキ吉さんの個性を活かしたネックレスとなっており、販売された商品は「サキ吉 コラボジュエリー K10YG スプーンフォークネックレス&チャーム各種」と「サキ吉 コラボジュエリー シルバー925 オリジナルベアネックレス」の2種類。

「サキ吉 コラボジュエリー K10YG スプーンフォークネックレス&チャーム各種」はアンティーク調のカトラリーモチーフネックレス。大人の女性に似合う華奢なラインで仕上げられています。サキ吉さんの普段のファッションにもよく合うようなデザインとなっているので、サキ吉さんファッションが好きな人は手に入れたいアイテムでしょう。

「サキ吉 コラボジュエリー シルバー925 オリジナルベアネックレス」はゴージャスな「サキ吉 コラボジュエリー K10YG スプーンフォークネックレス&チャーム各種」と異なり、愛らしいデザイン。こちらはすぐに売り切れたほど人気のアイテムです。

インフルエンサーを活用することで、商品の幅も広がりますし、ブランドの認知も向上します。

▼サキ吉さんInstagram

サキ吉*SAKI's kitchen
サキ吉*SAKI’s kitchen(@sakikichi1201)公式Instagramより

2.Les chats × インフルエンサー「kinoko」さん

ℂℍ
ℂℍ(@cham0v0)さんInstagramより

InstagramやYouTubeで活躍しているkinkoさんと、大人かわいい個性的なハンドメイドアクセサリーが得意なLes chats(レシャ)、大人女子のファッションやカルチャーを伝えるWEBマガジンのFUDGEがコラボしています。

kinkoさんは大きな眼鏡と帽子、ショートカットがトレードマーク。InstagramやYouTubeだけでなく、雑誌や広告でも活躍するインスタグラマー兼モデル。ボーイッシュな雰囲気ながらも女性らしいコーディネートでファンも多く、同じ古着屋で買い物をするようになったファンも多いのだとか。

このコラボでは「真っ白×モコモコ×フリンジが秋冬コーデにアクセントを添える主役級ピアス&イヤリング」「ナチュラル素材とシックカラーが秋冬コーデを格上げする大人なピアス&イヤリング」の2商品を販売。どちらも完売するほどの人気ぶりでした。

すでにファンも多いインフルエンサーを起用することで、新たなファンを獲得することも可能。ただし、あくまでそのインフルエンサーの雰囲気に合ったブランドである必要がある点には注意が必要です。今回のコラボでは、kinkoさんのファッションによくマッチするアイテムだったため、成功したといえるでしょう。

▼kinkoさんInstagram

kinoko.
kinoko.(@kinoooooooko3)さんInstagramより

3.Les Bliss × インフルエンサー「yonnie」さん

ファッションブロガーとして活躍しつつも、インスタグラマーでもあるyonnieさん。二児の母で、大人かわいい、きれいめコーデが人気。LES BLISS(レスブリス)はyonnieさんとがコラボしてアクセサリーを発売しました。

LESS BLISSはオシャレを諦めない30代からアラフォーママのアクセサリーを販売する通販サイト。華奢なデザインのアクセサリーを数多く販売しており、子どもがいる母親にぴったりのブランドです。

まさにyonnieさんと相性は抜群ですよね。コラボする際は、双方のイメージを損ねない人を起用しなければなりません。yonnieさんは普段からLESS BLISSを愛用していることもあり、コラボレーションも大きな問題なく、実現できたのだと考えられます。
インスタグラマーとコラボレーションを行う際は、普段から自ブランドのアイテムを着用してくれているかどうかも重要なポイントになりそうですね。

▼yonnieさんInstagram

yonnie
yonnie(@yonnieins)さんInstagramより

▼yonnieさんブログ
https://ameblo.jp/yonnieyonnie/

4.MODE ROBE × インフルエンサー「でんでん」さん

hanaのダウンジャケット/コートを使ったコーディネート
【WEAR】公式サイトより

今注目のインフルエンサ―でんでん(カエデ)さんとMODEROBEがコラボレーションしています。でんでん(カエデ)さんは三重県出身でモデル動画投稿サイト「MixChannel」で人気となり、twitter、Instagramで多くのフォロワーがいる人気インフルエンサーです。

コラボレーションしたMODEROBEは「モデルのようなファッションを」をコンセプトにしたオンラインショップ。楽天市場やZOZO TOWNなどに出店しており、多くの女性が利用しているネットショップです。

でんでんさんとのコラボアイテムは複数あり、スウェードチョーカーはヴィンテージ風なコインでこなれ感もあるもの。ユニセックスで使えるほど、シンプルなデザインなのでコーディネートのアクセントになるもの。

WEARでも実際に商品を着用した写真が掲載されています。コラボする際は拡散力に期待したいところ。だからこそ、数多くの媒体への露出もセットで行うと良いでしょう。

▼でんでん(カエデ)さんInstagram

カエデ
カエデ(@k2y21)さんInstagramより

5.Sparkle Box × インフルエンサー「松本ゆか」さん・「金子 三記」さん

松本ゆか
松本ゆか(@yukays411)さんInstagramより

定額制アクセサリーレンタルサービス「スパークルボックス」は、人気インスタグラマーと共同でオリジナルアクセサリーを開発しています。

まずはママコーデが人気の松本ゆかさん。2児の母の松本ゆかさんは、自身のファッションコーディネートだけでなく、家族で出かけた写真などもInstagramに数多く掲載しており、親しみやすさが特徴。ファッションもInstagramの雰囲気そのままに親しみやすさを感じるもので、家庭的でキュートな雰囲気が魅力的。そんな松本ゆかさんと「YOCHI (ヨキ)」「Rafia (ラフィア)」の2ブランドがコラボしました。

金子 三記
金子 三記(@mikiaoba)さんInstagramより

続いてはハイセンスなコーディネートが人気で、数々のファッションブランド公式ブロガーの金子 三記さん。金子 三記さんのInstagramはパッと明るい印象の写真がズラリと並び、定期的にお子さんの写真も掲載されています。金子 三記さんは「YOCHI」コラボレーションしています。

アクセサリーのサブスクリプションサービス「スパークルボックス」は会員を多く獲得しなければ、ビジネスモデルが成立しません。その起爆剤として、インフルエンサーの活用は非常に有効だといえますね。

▼松本ゆかさんInstagram

金子 三記
金子 三記(@mikiaoba)さんInstagramより

▼金子 三記さんInstagram

金子 三記
金子 三記(@mikiaoba)さんInstagramより

インフルエンサーをPRに起用

1.ティファニー社 × インフルエンサー

アメリカの有名ジュエリーブランド、TIFFANY(ティファニー)はインフルエンサーマーケティングを積極的に行っているブランドのひとつです。エンゲージリング、マリッジリングはもちろん、日常使いできるファッションジュエリーなど幅広いラインナップがあるTIFFANYは、優雅な雰囲気から多くの人から支持を集めていますよね。

トレンドに敏感なブランドであるTIFFANYは、インフルエンサーキャンペーンを実施するため、4人のインフルエンサーとタイアップを行いました。もちろん日本の事例ではなく、海外の事例となりますが、インフルエンサーの選択方法の参考になるのではないでしょうか?

4人のインフルエンサーは、いずれも以下の要素を満たした人です。

  • 18歳から27歳までの年齢 ・ミレニアル世代(1980年代から2000年代初頭に生まれた世代)
  • またはジェネレーションZ世代(1990年後半以降に生まれた世代)
  • それぞれ100万人以上のInstagramフォロワーが存在する

日本だとまず100万人以上のInstagramフォロワーという条件がとても厳しいものです。先ほどご紹介したインフルエンサーたちも10万人弱のフォロワー数が大多数。日本だけのキャンペーンを展開するのなら、10万人くらいが目安となりそうです。

若年層と大きくコラボしたことで、TIFFANYのイメージを一新する狙いがありました。200年続くブランドであるTIFFANYは「古い」というイメージを持たれがち。だからこそ、若者とコラボすることでイメージを変えたい、という狙いがあったのでしょう。老舗ブランドが新たな顧客を獲得する際の手法として参考になりそうですね。

2.ティファニー@キャットストリート × インフルエンサー

アメリカのTIFFANYについてご紹介させていただきましたが、日本でもTIFFANYはInstagramを活用したキャンペーンを行いました。2,019年4月19日(金)、約3年間限定で日本初のコンセプトストア「ティファニー@キャットストリート」が原宿にオープンさせました。

オープン前日の4月18日(木)に同ストアでパーティが開催され、ここには中村アンさん、山田優さん、三吉彩花さんなどの芸能人をはじめ、インフルエンサーが「ティファニー T」、「ティファニー ハードウェア」、「ティファニー ペーパーフラワー」などのジュエリーを纏って来場。

こちらはストアの宣伝という意味合いが強いですね。ただ、参加したゲストは若者世代からも人気のある人が多いので、若者にアプローチしたいという狙いがあるのでしょう。小さなブランドではここまでのPRは難しいかと思いますが、インフルエンサーをキャスティングし、パーティを開くという手法は取り入れられそうです。

3.スワロフスキー社 × インフルエンサー

オーストリアのブランド、SWAROVSKI(スワロフスキー)社は、手ごろな価格帯でハイエンドのジュエリーを販売しています。いずれのジュエリーも手ごろな価格ながら、ラグジュアリーな雰囲気が人気。

SWAROVSKI社が実施したキャンペーンでは、ジュエリーを買う余裕があるミレニアル世代の消費者をターゲットにしました。そのため、SWAROVSKI社はミレニアル世代のインフルエンサーとコラボ。母の日キャンペーンを実施しました。
先ほどご紹介したTIFFANYはバリエーションを見せてミレニアル世代にアプローチしたのに対し、SWAROVSKI社は199ドル以下の母の日限定コレクションのみを宣伝しました。

4.ダイヤモンド・プロデューサーズ・アソシエーション × インフルエンサー「katerina perez」さん」

Real is a Diamond
Real is a Diamond(@realisadiamond)公式Instagramより

世界大手の採掘会社で構成されているダイヤモンド・プロデューサーズ・アソシエーション(DPA)はInstagramでのマーケティングを積極的に行っています。従来の重厚なエンゲージ、マリッジのPRではなく、ポップカルチャーを前面に押し出したPRです。

ダイヤモンドを身近な存在にするため、「リアル・イズ・レア(Real is Rare:本物は滅多にない)」と名付けたキャンペーンを実施。ダイヤモンドをエンゲージリングだけでなく、ファッションジュエリーとしてミレニアル世代の生活に浸透させる狙いがありました。

DPAはSNSのプロモーションに予算をつぎ込めないため、連携しているインフルエンサーたちの写真を引用して投稿するという手法を用いました。すでに出回っているダイヤモンドの写真を再利用することでコストを抑えているのですね。

こうした手法もInstagramでは考えられるでしょう。予算がない場合、しっかりとインフルエンサーと契約を結んだ上で、このような手法も有効でしょう。

5.AGATHA PARIS × インフルエンサー「Wendy Swan」さん

AGATHA PARIS 2019 MOVIE  -Agatha x Wendy Swan-
【YOUTUBE】公式サイトより

アガタ パリは、フランスのインフルエンサー「Wendy Swan」を起用したサマーコレクションのイメージムービーを公開。インフルエンサーを起用したコンセプトムービーは非常に話題となりました。

まとめ

インフルエンサーを起用したマーケティングは、自ブランドとマッチするのか、どの世代にアプローチをするのかが重要なポイント。人気だからと雰囲気に合わないインフルエンサーを起用してもうまくいきませんし、雰囲気だけを重視してフォロワー数の少ないインスタグラマーを起用しても効果は得られないでしょう。
また、どのようなイメージをブランドに持ってもらいたいのか? という視点もインフルエンサーマーケティングでは非常に重要です。

はじめにこのあたりをきちんと設計してプロモーションを行うことが、インフルエンサーマーケティング成功のポイントだといえそうです。


インスタ施策の完全マニュアル無料配布中

スナップレイスでは現在、100ページ以上のインスタグラム施策完全マニュアルを無料配布中です。ぜひこの機会に完全マニュアルをゲットしてみてはいかがでしょうか?

インスタ施策の完全マニュアル資料請求(無料)