商業施設のインスタグラム運用代行

商業施設のインスタグラムアカウント運用実績が豊富な弊社が、戦略の提案からインスタグラム運用まですべてサポートします。

商業施設のインスタグラム運用代行

✔商業施設専用のインスタグラム運用代行プラン
✔テナントへの取材・確認もすべて代行する楽々プラン
✔年末年始・土日・祝日含む365日、専属サポートセンター対応

まずは無料相談・見積もり


商業施設のインスタグラム運用代行の意義

商業施設のインスタグラムを運用することは、各テナントの集客に貢献するだけではなく、商業施設の「見せる場」としての利用価値の上昇にもつながります。商業施設自体の魅力をSNSで訴求することで、テナントの差別化とは別軸での集客効果が得られます。人が集まる場所として、広告価値を高めることができれば、さらなるテナントの誘致やイベント誘致など、収益機会の拡大につなげることができます。

ウェブ検索からSNSへ、ググるからタグるへとユーザーの行動が変わってきている中、ショッピングで何を購入するかを決める際に、20~30代女性の約6割以上のユーザーがインスタグラムでタグ検索をしているというデータもあります。1枚の画像が人々の行動を変えている現在、商業施設として従来のチラシやパンフレットに変わるストック型のメディアとして、インスタグラムの運用を検討されている施設様も増加しています。

商業施設のインスタグラムアカウント事例

主要な商業施設のインスタグラムアカウントは以下の通りとなっております。全国の商業施設を代表して1アカウントで運営している「東急ハンズ」、店舗ごとに運営している「伊勢丹」を始め、インスタ映えするウォールアートが代表的な「マリンアンドウォーク横浜」など、様々な商業施設がインスタグラムアカウントの運用を行っています。

アカウントID アカウント名 FW数
tokyuhandsinc 東急ハンズ 8.7万
isetanmens ISETAN MEN’S / 伊勢丹新宿店メンズ館 4.7万
aeon_japan イオン 4.1万
isetan_beauty Isetan_beauty(イセタンビューティ) 4.1万
isetanparknet 伊勢丹新宿店 ISETAN PARK net 3.2万
isetanmirror ISETAN MiRROR/イセタン ミラー 3.2万
lumine_official ルミネ公式 3.1万
shibuya109official SHIBUYA109 2.8万
lumine_est ルミネエスト新宿 2.3万
hankyumode HANKYU.MODE 2.1万
ginza_mitsukoshi 【公式】銀座三越 1.9万
laforet_h ラフォーレ原宿 / Laforet HARAJUKU 1.8万
hankyu_event 阪急うめだ本店プロモーション 1.6万
mitsuioutlet 三井アウトレットパーク 1.3万
marineandwalk MARINE & WALK YOKOHAMA 1.1万
parco_nagoya_official 名古屋パルコ nagoyaparco 1.1万

スナップレイスでは日本の主要数万アカウントの最新のデータや分析データを保有しています。データ販売や競合分析ツールの提供も行っております。さらに詳しくはお問い合わせください。

商業施設のインスタグラムアカウント分析

商業施設のフォロワー数とエンゲージメント率の分布をみますと、フォロワー数1万未満のアカウントがほとんどとなっています。現状では競合が少ないため、インスタグラムアカウントを新規開設したり、力を入れて運用することで認知を拡大できるチャンスがあります。

商業施設のフォロワーとエンゲージメント率


商業施設のインスタグラム運用時の主な課題と解決策

商業店舗とのインスタグラム投稿内容の調整・確認などに多くの時間をとられてしまっている

商業施設のインスタグラム投稿でユーザーに訴求しやすい投稿内容は、各テナントの商品やサービスに関する投稿です。多くの店舗をテナントに持つ商業施設であればあるほど、インスタグラム活用によってファンを獲得できるチャンスとコンテンツがあります。

一方、各テナントの商品やサービスについて施設のインスタグラムで紹介する場合、テナント側へ写真や文章などの投稿内容の確認の手間が発生してしまいます。価格や販売期間、また投稿時にその商品の在庫があるかなど、多くの確認事項が発生してしまいます。特に、外資系のテナントではブランディングの観点から本社確認が必要になり、確認そのものに時間がかかったり、撮影した写真がNGとなってしまい、撮り直しが発生してしまうことも多々あります。

そのため、商業施設の管理者がインスタグラムアカウントの運用を兼務して片手間で行う場合、インスタグラム運用に多くの時間とリソースをとられ、通常業務に影響を与えてしまうか、残業が多くなってしまうという課題があります。

スナップレイスでは、多くの商業施設様のインスタグラム運用代行を行わせていただく中で、施設様に合わせて店舗様とのスケジュール調整から投稿内容の確認まで一貫してお引き受けし、施設様の負担にならないように運営させていただくプランをご用意しております。スナップレイスでは、各店舗様にインスタグラム投稿用素材の撮影・取材を行う際のアンケートのフォーマットなど、豊富な運用実績に基づいた効率的な運営を行うえで必要な材料も提供しております。

店舗アンケート

各店舗に写真撮影を依頼して投稿しているが、統一感がない投稿内容となっている

商業施設によっては、各テナントの店長やアルバイトの方が撮影した写真をインスタグラムに投稿しているというケースもあります。しかしこの場合、各テナントによって撮影された写真の品質や色味、雰囲気が大幅に異なり、まとめて商業施設のインスタグラムで投稿した際にプロフィールページの写真のイメージがバラバラになってしまうデメリットがあります。

プロフィールページの写真の並びはフォロー率(フォロワーの増え方)に非常に重要な要素であるため、統一感をもってプロフィールページの写真の並びを設計する必要があります。

スナップレイスでは、商業施設のイメージに合わせ、特定のインスタグラマーが各テナントに取材に伺い、プロフィールページの写真の並びを最適化するよう、統一感を持ちつつ各店舗の魅力を引き出す撮影を行います。

なんとか運営はできているもののフォロワー(ファン)が増えない

インスタグラムに投稿を続けているだけではフォロワー(ファン)獲得は難しいのが現状です。インスタグラムを運営し始めている企業が増加していく中で、片手間の運用でフォロワーを獲得するのは至難の業となってきています。

フォロワー(ファン)獲得には、各テナントの商品・サービスをインスタ映えするようなアングルで撮影・加工すること、プロフィールページの写真の並びを考えて投稿順序を決めること、フォロワーになる可能性が高いターゲットが検索するだろうハッシュタグを付けること、ターゲットにアカウントの存在を気付いてもらうためにいいね周りをすることなどが必要となります。

スナップレイスでは経験豊富なインスタグラマーと商業施設アカウントの豊富な運用実績をもとに、成果の出る(フォロワーの獲得できる)運用をサポートさせていただくことができます。


商業施設のインスタグラム運用のロードマップ

インスタグラムを活用したマーケティングを行う上で、位置づけや目的、KPIの設定が重要です。インスタグラム運用施策はすぐに目に見える効果が得られる施策ではないため、全体のロードマップを見据えたうえでそれぞれのフェーズに合わせた目標設定を行う必要があります。

下記は、商業施設のインスタグラム運用のロードマップ例です。フォロワー数3,000付近までは通常の運用でしっかりと、質の高いフォロワー(ファン)を獲得することに注力します。3,000フォロワーに近づいてきたタイミングでインスタグラムキャンペーンやインフルエンサーによるPRを行うことでアカウントの成長をブーストさせ、1万フォロワー超までアカウントを成長させます。この段階でアカウント自体の価値が高まっていますので、ユーザー(ファン)が撮影してSNSに投稿した写真(UGC)などのコンテンツを活用し、さらにファンとの関係性を強めることでファンをアンバサダーとして育成していくことが可能となります。この状態までもっていくことができれば、自然とファンが施設を宣伝し、さらにそこで知ったユーザーがファンになるプラスのスパイラルを引き起こすことができます。

商業施設のインスタグラム運用のロードマップ


商業施設のインスタグラム運用代行サービスメニュー

インスタグラム運用代行10店舗現地取材

初期費用 0 円 + 月額 43 万円(税別)
【サービス内容】①10店舗取材、②ライター現地派遣、③写真の25枚撮影、④写真の25枚加工、⑤25投稿文案作成、⑥電話取材・確認、⑦ハッシュタグ選定、⑧フィードの構成、⑨投稿の実施、⑩ターゲットいいね、⑪運用報告、⑫運用改善提案
毎月最大10店舗をインスタグラマーとライターの2名で取材訪問し、事前の店舗アンケート内容もふまえ、インスタグラマーによる撮影とライターによる最大25投稿分の投稿文案を作成します。作成した投稿文について、撮影店舗様へメール・FAX・お電話し、文章校正確認を1度行います。そのほかインスタグラム運用にかかる投稿代行、いいね代行、運用報告までトータルでサポートします。フォロワー数増加の水準感としましては、アカウントの状況などによりますが1週間で50~300フォロワー増、1ヶ月で200~1,000フォロワー増程度をイメージ頂けるとその範囲内に収まることがほとんどです。


インスタグラム運用代行10店舗電話取材

初期費用 0 円 + 月額 38 万円(税別)
【サービス内容】①10店舗取材、③写真の25枚撮影、④写真の25枚加工、⑤25投稿文案作成、⑥電話取材・確認、⑦ハッシュタグ選定、⑧フィードの構成、⑨投稿の実施、⑩ターゲットいいね、⑪運用報告、⑫運用改善提案
毎月最大10店舗をインスタグラマー1名で訪問し、インスタグラマーによる撮影を行います。ライターは事前の店舗アンケート内容もふまえ、電話取材を行って最大25投稿分の投稿文案を作成します。作成した投稿文について、撮影店舗様へメール・FAX・お電話し、文章校正確認を1度行います。10店舗現地取材プランと異なり、ライターは撮影に同行しません。


インスタグラム運用代行ベースプラン

初期費用 0 円 + 月額 30 万円(税別)
【サービス内容】①5店舗取材、③写真の15枚撮影、④写真の15枚加工、⑤15投稿文案作成、⑦ハッシュタグ選定、⑧フィードの構成、⑨投稿の実施、⑩ターゲットいいね、⑪運用報告、⑫運用改善提案
毎月最大5店舗をインスタグラマー1名で訪問し、インスタグラマーによる撮影を行います。ライターは事前の店舗アンケート内容のみから最大15投稿分の投稿文案を作成します。作成した投稿文については、店舗への直接の確認は行いませんので貴社にてご確認いただく必要があります。


商業施設のインスタグラム運用代行料金一覧

ベースプラン 10店舗電話取材 10店舗現地取材
①店舗取材 5店舗 10店舗 10店舗
②ライター派遣
③写真の撮影 15枚 25枚 25枚
④写真の加工 15枚 25枚 25枚
⑤投稿文案作成 15投稿 25投稿 25投稿
⑥電話取材・確認
⑦ハッシュタグ選定 15投稿 25投稿 25投稿
⑧フィードの構成 15投稿 25投稿 25投稿
⑨投稿の実施 15投稿 25投稿 25投稿
⑩ターゲットいいね
⑪運用報告
⑫運用改善提案
基本料金(税別) 30万円 38万円 43万円
①店舗取材 インスタグラマーを現地に派遣。各店舗3枚・3投稿の写真撮影を実施。3枚・3投稿分の写真撮影が時間内に完了するようご協力いただきます。
②ライター派遣 ライターを現地に派遣。貴社のスケジュールをもとにライターが店舗取材等を実施します。
③写真の撮影 1ヶ月ごとにインスタ映え度合いの高い写真を納品します。
④写真の加工 インスタ映え度合いを高め、フィード構成を最適化するための画像加工を実施します。
⑤投稿文案作成 アンケート情報をもとに、投稿文章案を作成します。
⑥電話取材・確認 店舗様へお電話し、文章校正確認を行います。店舗様でお電話をおとりいただけない場合やご対応頂けない場合なども含め、3回までのお電話とさせて頂きます。
⑦ハッシュタグ選定 新規ユーザーへのリーチ数に影響を与える最適なハッシュタグを各投稿毎に作成します。
⑧フィードの構成 フォロー率に大きな影響を与えるフィードの並びを最適化する投稿順序を提案します。
⑨投稿の実施 実際に作成した投稿案に基づき、投稿を実施します。
⑩ターゲットいいね ターゲットユーザーに対し、アカウントを認知してもらうための他者投稿へのいいねを実施します。
⑪運用報告 月に1回、いいね数、フォロー数の推移をまとめて報告します。
⑫運用改善提案 月に1回、運用改善案をまとめて報告します。

商業施設のインスタグラム運用代行運用フロー

商業施設の運用開始までのテナントや撮影スケジュールの決定から、撮影・投稿文案作成、確認、投稿開始までの流れは以下の通りです。毎月、フローを決めて貴社の手間が最小化するような運用体制を構築させていただきます。

日程 弊社 貴社
X-1月10日頃まで 撮影日の確定 X月投稿予定テナントのご連絡
X-1月中旬頃 インスタグラマー派遣・撮影
X-1月下旬頃 X月投稿案のご提出 X月投稿案のご確認
X月1日以降 X月の投稿開始 X月投稿案のご確認完了


無料相談・見積もり


商業施設のインスタグラム投稿内容のパターン例

共用部のパブリックアートや自然などの紹介

共用部のパブリックアートや自然などは、各商業施設ごとの特徴を出した投稿が可能です。インスタグラマーが商業施設の共用部でSNS映えする写真を撮影し、コンテンツ化することで施設自体の魅力を訴求することができます。


テナントの商品・サービスの紹介

商業施設のメインとなるのは、テナントの商品・サービスの紹介です。ショッピングを楽しむことを主な目的として商業施設に訪れるお客さんに対し、写真で魅力的な商品・サービスを訴求することで、店舗来客へつなげることができます。

インスタグラムは商業施設側でパンフレットなどと同様にストック型のメディアとして、店舗の集客に貢献できる手段となります。インスタグラムアカウントのフォロワー(ファン)を増やすことは、良い立地に商業施設を建てることと同様、テナントへの魅力点となり、テナント誘致にもアドバンテージとなります。


共用部とテナントの商品・サービスをかけ合わせて紹介

テナントの商品・サービスを商業施設の共用部のパブリックアートや施設の自然などを背景に撮影することで、商品・サービスをより魅力的に訴求することに加え、商業施設への誘客にもつなげることができます。


期間限定イベントやワークショップなどの紹介

商業施設で開催される期間限定イベントやワークショップなどでは、普段リーチできないユーザー層にリーチをして集客ができるチャンスです。例えば、ハーバリウムのイベントを実施する場合、ハーバリウムに興味のある層に商業施設を知ってもらうチャンスとなります。イベントやワークショップなどの情報を投稿する際には、それに関連するターゲットが興味を引きやすいインスタ映えする写真を撮影し、投稿することがポイントとなります。


セール・キャンペーン情報の発信

セール・キャンペーン情報は宣伝色が強いため、新規フォロワー(ファン)獲得にはつながりにくい投稿ではありますが、既存フォロワーにとってはお得情報などは施設への訪問のモチベーションにつながります。そのため、そのほかの投稿写真との並びを考えながら投稿することをお勧めします。投稿の際には、プロフィールページの写真の並びがフォロー率に影響しますので、セール終了後はアーカイブして表示にする、1枚目の写真は広告色のない写真にするなどの工夫がポイントです。




商業施設のインスタグラム運用代行お問い合わせ

企業名 (必須)

担当者名 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご検討状況 (必須)
運用代行ベースプラン10店舗電話取材プラン10店舗現地取材プランその他分からない

インスタアカウントの状況 (必須)

インスタアカウントURL (既にある方)

ご依頼内容の詳細 (必須)